自律神経失調症の施術

福岡市南区自律神経失調症

自律神経失調症でこのような悩みはありませんか?

  • 夜眠れない、不眠
  • 常に疲れている
  • めまいがする
  • 耳鳴りがする
  • 偏頭痛がひどい
  • 肩こりがつらい
  • 動悸がする
  • 季節の変わり目で体調を崩しやすい
  • 心臓がバクバクする、不整脈
  • 便秘で悩んでいる
  • 下痢で悩んでいる
  • 腰痛が痛い
  • 全身の倦怠感
  • うつ症状

自律神経とは

自律神経とは、循環器、呼吸、消化器、ホルモン分泌などを支配し、意識的にコントロールできない神経で、24時間、365日常に動いています。また自律神経には2種類の神経があり、「交感神経」と「副交感神経」です。それぞれの神経は、正反対の働きをしています。車でいうと「アクセル」と「ブレーキ」の関係です。

■交感神経・・・・アクセル(組織の働きを促進する)

■副交感神経・・・ブレーキ(働きを抑制する)


この2つの神経が相反する働きにより、身体をコントロールしています。
たとえば、運動すると血流循環がよくなり、血管の収縮が促進され交感神経が主に働きます。
そこで副交感神経は、筋肉を休め、安静に身体を落ち着かせます。
この2つの神経が相反する働きすることによって、心拍数、血圧、呼吸、体温などの生きるために関わる機能が一定範囲内で保ち、体内環境を維持することができます。

自律神経の主な働き

交感神経副交感神経
瞳孔(ひとみ) 散大
(瞳が大きくなる)
 縮小
(瞳が小さくなる)
涙腺 血管の収縮、涙液の分泌が減る 血管の拡張、涙液の分泌が増える
唾液 唾液の分泌が減り、喉が渇く 唾液が増える
(唾液は消化液)
胃腸の分泌腺 胃液や腸液の分泌が減少 胃液の分泌が増加
胃腸の運動 動きが減り、便秘がちになる ゴロゴロとよく動き便が緩くなる
気管の平滑筋 ゆるんで気管内径が広がる 気管を締め付け気管内径が狭くなる
(喘息の状態)
心臓のリズム 心拍数が上がる、ドキドキする 心拍数が下がる
心筋の収縮 大きく収縮しタップリ血液を送る 弱い収縮となる
末梢血管収縮し、血圧が上がる 弛緩し血圧が低下、片頭痛がする
汗腺汗をかく ー
立毛筋 収縮し、鳥肌が立つ ー
 膀胱、直腸の筋肉尿や便を貯める、便秘になる尿、便を押し出し、下痢に傾く
 膀胱、肛門括約筋 締まって、尿、便を出させない 出口が緩んで、尿便を出す
 脳、神経 興奮する 安静する、眠くなる
 神経が働く状況 目が覚めて活動を始める時、喧嘩をしている時、試合や運動をしている時、 寝入る時、寝ている時、食後、ゆっくり休んでいる時、排便、排尿時
 神経伝達物質 アドレナリン
ノルアドレナリン
 アセチルコリン

自律神経失調症の原因は5つのストレッサー

健康な身体であれば、交感神経と副交感神経がスムーズに切り替えることができます。その時の環境、状況、状態に対応することができます。
しかし、過度なストレスが短期、長期に及ぶと、ストレスの限界を超えてしまいます。それにより身体は疲弊し、自律神経の切り替えがうまくいかず、自律神経が乱れてしまいます。
ストレスを起こす、ストレスの要因のことを「ストレッサー」といいます。

ストレッサーの種類には、5種類あります。

  • 化学的ストレッサー
  • 物理的ストレッサー
  • 精神的・社会的ストレッサー
  • 生物的ストレッサー
  • 外傷的ストレッサー

次は、それぞれの内容をお伝えします。

自律神経の乱れの原因①化学的ストレッサー

環境ホルモン、栄養不足・過剰、酸素の不足・過剰、化学物質、食品添加物、酸性食品、電磁波の被ばく、タバコなど

自律神経の乱れの原因②物理的ストレッサー

寒い、暑い、騒音、台風、低気圧、高気圧、紫外線など

自律神経の乱れの原因③精神的・社会的ストレッサー

不安、恐れ、怒り、焦り、悲しみ、劣等感、職場の問題、家庭の問題など

自律神経の乱れの原因④生物的ストレッサー

細菌、ウィルス、カビ、花粉など

自律神経の乱れの原因⑤外傷性ストレッサー

外傷、ケガ、交通事故、むち打ち、災害、台風、洪水、暴動、戦争など

【参考元】
ストレスと適応障害(著)岡田尊司
文部科学省の第2章心のケア
痛みと鎮痛の基礎知識

ストレスとコルチゾール

次は、ストレスを感じると体内で起こるホルモン分泌についてお話いたします。
人はストレスを感じると、ストレスに負けないよう心と体を守るため、脳からの指令により「副腎」からコルチゾール(ストレスホルモン)が分泌されます。
コルチゾールの働きとしては、

  • 炎症をおさる
  • 肝臓から糖を作りだす
  • 筋肉を分解
  • 血糖値を上げる
  • 血圧を上げるなど

の働きがあります。

ストレスにおける交感神経の興奮による不調

ストレスを感じると脳の反応は、ストレス・ホルモンの放出とともに、自律神経に緊張が走ります。
リラックスした休息状態の副交感神経から、戦闘状態の交感神経が興奮します。交感神経が興奮すると、副腎髄質からアドレナリンホルモンが放出されます。
放出されたアドレナリンは、血圧が上がる、心拍数が上がる、骨格筋や心肺に血流が豊富に流れ、消化器官の働き抑えられるなどの働きがあります。しかし、強いストレス下が長期的に続くと、交感神経と副交感神経の切り替しができなくなります。
交感神経の興奮が続くと、末梢血管の収縮により、酸素が十分に供給されなくなります。それによって、乳酸などの老廃物の分解・排出がうまくいかないことで、筋肉を過剰に刺激し、筋肉が異常に収縮を起こしてしまいます。

自律神経失調症の4つのパターン


自律神経失調症には4つのパターンがあります。

  • 交感神経系の亢進-副交感神経の低下
  • 副交感神経の亢進-交感神経の低下
  • 交感神経系の低下-副交感神経の低下
  • 交感神経系の亢進-副交感神経の亢進

これらのパターンは、上記で説明した5つのストレッサーの急性、慢性によって神経障害が異なります。
またそれぞれ神経障害は、症状以下のようなものが現れます。

①交感神経亢進による症状

肩こり、腰痛、不眠、胃痛、高血圧など

②副交感神経亢進による症状

アレルギー症状、風邪引きやすい、うつ症状、下痢など

③交感神経、副交感神経の低下による症状

無気力・やる気が起きない、ベッドから起きあげれない、疲れがとれないなど

④交感神経、副交感神経の低下による症状

全身における痛みや不調、パニック障害、過敏症など

自律神経失調症の施術

筋肉の調整(マニュピレーション)

急性・慢性の外傷、ケガストレスで痛めた関節、筋肉、軟部組織の施術を行います。症状、状態に合わせながら、最小限の適した刺激で筋、腱、軟部組織の収縮、硬直を捉えて解放する調整を行います。

カイロプラクティックの調整

カイロプラクティックの調整

自律神経系の調整は、カイロプラクティックがもっとも得意としています。
当院のカイロプラクティックは、ガンステッドカイロプラクティック、トムソンカイロプラクティックという手技を用いてます。
自律神経を乱している交感神経、副交感神経に対して関連のある椎骨を用いて、手によって調整を行います。

頭蓋骨の調整

後頭骨(頭蓋骨)と仙骨は硬膜という膜で繋がっています。
硬膜の中には、脳脊髄液が滞ることなく循環しています。しかし、ストレスの原因により脳脊髄液の流れが悪くなることで、身体に不調が現れます。その脳脊髄液の流れを正常の流れに整えるために、頭蓋骨、仙骨を心地いい調整を行います。

ストレスの除去調整(NAET療法)

NAET療法は、体質改善を目的とした施術です。
アレルギー(ストレス)反応の項目に対して、非侵襲性の刺激の施術を行います。背骨の両脇を特殊な機械で調整し、アレルギーを克服していただく施術です。
子供〜高齢者の幅広い年齢層の方に施術を受けて頂いております。

自律神経失調症は局所的な痛み、症状ではなく、全身に影響を与えてしまいます。現在の痛みや症状がなかなか改善しないのは、そこが本当の原因じゃない可能性があります。
なかなか改善しない痛みや症状、自律神経失調症でお悩みの方は、たすく整骨院にお任せください。あなたの本気の想いにお応え致します。

>福岡市南区で整骨院をお探しなら【たすく整骨院】へ

福岡市南区で整骨院をお探しなら【たすく整骨院】へ

一人ひとりに寄り添った施術で、原因を取り除き根本的改善を目的とした施術を提供致します。そして、健康-予防-次のステージを探求を続けていきます。

CTR IMG