自律神経失調症の症状について

自律神経失調症によって

・夜眠れない、不眠

・常に疲れている

・めまいがする

・耳鳴りがする

・偏頭痛がひどい

・肩こりがつらい

・動悸がする 

・心臓がバクバクする、不整脈

・便秘で悩んでいる

・下痢で悩んでいる

・腰痛が痛い

・全身の倦怠感

・うつ症状

といった症状で悩まされている方が多くいらっしゃいます。

問診時に肩こり、腰痛以外にも、

自律神経失調症にもチェックしている患者さまが増えてきたように思います。

それだけ疲弊し頑張っている方が多いということになりますが、

身を削っては元もこうもありません。

少しでも自律神経失調症で悩んでいる方の、お役立ちいただけるお話をしたいと思います。

 

自律神経とは

自律神経とは、

循環器、呼吸、消化器、ホルモン分泌などを支配し、

意識的にコントロールできない神経で、24時間、365日常に動いています。

また自律神経には2種類の神経があり、「交感神経」と「副交感神経」です。

それぞれの神経は、正反対の働きをしています。車でいうと「アクセル」と「ブレーキ」の関係です。

■交感神経・・・・アクセル(組織の働きを促進する)

■副交感神経・・・ブレーキ(働きを抑制する)

この2つの神経が相反する働きにより、身体をコントロールしています。

たとえば、運動すると血流循環がよくなり、血管の収縮が促進され交感神経が主に働きます。

そこで副交感神経は、筋肉を休め、安静にし身体を落ち着かせます。

この2つの神経が相反する働きすることによって、心拍数、血圧、呼吸、体温などの生きるために

関わる機能が一定範囲内で保ち、体内環境を維持することができます。

 

自律神経の主な働き

交感神経、副交感神経の働きは、それぞれの器官、臓器、神経などが以下のような働きをします。

 

交感神経が働くと 副交感神経が働くと
瞳孔(ひとみ)  散大(瞳が大きくなる)  縮小(瞳が小さくなる)
涙腺  血管の収縮、涙液の分泌が減る  血管の拡張、涙液の分泌が増える
唾液  唾液の分泌が減り、喉が渇く  唾液が増える(唾液は消化液)
胃腸の分泌腺  胃液や腸液の分泌が減少  胃液の分泌が増加
胃腸の運動  動きが減り、便秘がちになる  ゴロゴロとよく動き便が緩くなる
気管の平滑筋  ゆるんで気管内径が広がる  気管を締め付け気管内径が狭くなる(喘息の状態)
心臓のリズム  心拍数が上がる、ドキドキする  心拍数が下がる
心筋の収縮  大きく収縮しタップリ血液を送る  弱い収縮となる
末梢血管 収縮し、血圧が上がる  弛緩し血圧が低下、片頭痛がする
汗腺 汗をかく  ー
立毛筋  収縮し、鳥肌が立つ  ー
 膀胱、直腸の筋肉 尿や便を貯める、便秘になる 尿、便を押し出し、下痢に傾く
 膀胱、肛門括約筋  締まって、尿、便を出させない  出口が緩んで、尿便を出す
 脳、神経  興奮する  安静する、眠くなる
 神経が働く状況  目が覚めて活動を始める時、喧嘩をしている時、試合や運動をしている時、  寝入る時、寝ている時、食後、ゆっくり休んでいる時、排便、排尿時
 神経伝達物質  アドレナリン、ノルアドレナリン  アセチルコリン

 

自律神経失調症の原因

健康な身体であれば交感神経と副交感神経がスムーズに切り替えられ、その時の環境に対応することができます。

しかし、過度なストレスを受け、長期間及べば身体は疲弊し、自律神経が乱れ、

健康な身体へと元に戻りにくくなってしまいます。

臨床を介して、

自律神経失調原因と考えられるのは、多くは「仕事」だと私は考えています。

仕事するからには、結果を求められます。その結果を出すために、

多くを犠牲にしているように思います。

食生活を1日三食、バランスよく食べれない

仕事によって家に帰るのが遅くなり、寝る時間が短い

リラックスする時間がないなど

自分の身体を犠牲にし続ければ、いつかは身体はおかしくなるのは当たり前です。

自律神経失調症の2つのパターン

自律神経失調症には3つのパターンがあると考えています。

  • 交感神経系の亢進ー副交感神経の低下
  • 副交感神経の亢進ー交感神経の低下
  • 交感神経系の低下ー副交感神経の低下(稀です)

背骨のズレによって、椎間板が神経が圧迫します。

圧迫された神経の箇所によって、神経の亢進又は神経の低下によって、

痛みや不調、不定愁訴、うつ症状など現れ方が違います。

自律神経失調症とカイロプラクティック

自律神経系の調整は、カイロプラクティックがもっとも得意としています。

当院のカイロプラクティックは、ガンステッドカイロプラクティックという手技を用いて、

自律神経を乱している神経系を手によって矯正します。

ガンステッドカイロプラクティックは、科学的根拠を基に矯正を行い、

骨を矯正するのではなく、椎骨を「てこの原理」で椎間板に対して矯正します。

検査は、

体表検査、バランス検査、触診(動きのある検査、静止したままの検査)を細かくみていきながら、

矯正(アジャストメント)していきます。

自律神経失調症に対する施術

自律神経の乱れが、交感神経系、または副交感神経系、

どこから影響、問題が出ているか、細かくヒアリングしていきます。

影響を受けている神経圧迫を解放するため、カイロプラクティックの矯正を行います。

神経システムが正常に機能していくためには、計画的に矯正を行う必要があります。

矯正を繰り返し行っていくことで、自律神経の働きが正常に機能し、快適な生活を送ることができます。

自律神経の乱れでお困りの方、お気軽にたすく整骨院にご相談ください。