本日の症例の紹介は、

背中の痛みに悩む福岡市にお住まいのMさま20代男性料理人です。

料理のお仕事は、常に前かがみの姿勢で料理をしなくていはいけません。

前かがみの姿勢により、頭の重さによる首に負担、背中の筋肉の緊張、肩甲骨の内側の筋肉の緊張を常に感じながら料理を作らなければなりません。

またそれだけでなく、フライパンを振る、盛り付け、料理しやすい体の使い方が身体の負担となり、痛み、不調を招いてしまいます。

今回はどのような施術をおこなったかご紹介したいと思います。

料理の仕事で背中が痛くなった

 

来院日

平成30年7月25日

 

(日常生活の影響)

・仕事をしていくとだんだんと背中が痛くなる

・あおむけで寝ようとすると背中が痛くなる

 

背中の痛みの検査

動作による疼痛の確認

・腰の前屈、後屈動作に疼痛

・身体に身体を捻る動作に疼痛

 

整形外科テスト

・叩打テストー胸椎9番、胸椎3番

体表温度検査

仙骨、胸椎9、3番、頚椎5番に反応

背中の痛みの施術

同時に施術した症状

肩こり、腰痛

【施術】

神経機能低下している脊椎をカイロプラクティック的アプローチの矯正。

仙骨ー胸椎9番ー胸椎3番ー頚椎5番ー右肩関節の施術

 

矯正後はわずかな痛みがまだ残っていたものの、施術前よりは楽になったと喜んでいただけました。

今の状態を保ちながらもより改善していくためのストレッチ、セフルケアを伝授しました。

また家での過ごし方のアドバイスをして、座椅子の購入をおすすめしました。

そして、この日の施術は終了。

施術経過と終了

1回目の施術後から5日後に来院され、痛みはほとんどなく順調に回復されました。

朝起きた時に背中が痛くなく、しっかりと仕事ができたそうです。

家での過ごし方もしっかりと気をつけて、前回の施術後にすぐに座椅子を購入され、姿勢を気をつけるようになっていました。

今回の施術は2回で終了。

(※注意)

背中の痛みは循環器疾患、内臓疾患の問題による関連痛により痛みが出ることがあります。長く続く背中の痛みの時は、病院にご相談ください。

まとめ

一人一人の体の体質や身長、体重の違いはありますが、

治癒する体へシフトしていくことで自然と痛みは軽減します。

カイロプラクティックは痛みを取る目的ではありません。

体に備わっている治癒力を活性し、神経システムを再構築します。

腰痛でお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

ご予約の際は、お電話(092-408-8100)か24時間ネット予約をご利用ください。