側弯症によって、

・肩こり

・腰痛

・背中が疲れやすい

・呼吸が浅い

といった悩みを訴えて、当院に来院されています。当院に来院され側弯症の疑いがあったため、

病院で検査してもらい、側弯症と診断された方もいます。

なんか背中が痛いし、肩凝って、呼吸がしずらい、繰り返しギックリ腰する方は、

側弯症を疑って病院に一度診察を受けてみてもいいかもしれません。

 

側弯症とは

背骨の胸椎が左右に曲がり、椎体の回旋が見られ、胸椎の後弯の減少と腰椎の前弯の減少が見られます。

多くは、思春期の11歳~12歳に進行し、大人になって側弯症だと診断されることも珍しくありません。

女児に発症しやすいですが、男児の4倍と言われています。

突発性側弯症

側弯症の80%前後を占め、原因不明と言われています。

学校の身体測定の時に、初めて側弯症の疑いがあると指摘され思春期に多いとように思われます。

自然治癒可能性もありますが、家庭環境、スポーツ活動により、

外部から受ける衝撃が脊柱の負担となる可能性があります。

女児は未成熟の筋、骨格から女性ホルモンの分泌の開始により進行するとも言われています。

先天性側弯症

生まつき、脊柱の異常を抱えながら生まれ、椎骨に奇形異常があり、成長と共に進行する場合が多いです。

その他

・間葉性側弯症ーマルファン症候群

・筋原生側弯症ー筋ジストロフィー

 

側弯症のチェック

立位チェック

 

まっすぐした姿勢でチェックしています。

①肩甲骨の高さが左右違う

②スカートのウェストラインが左右違う

③肩の高さが左右違う

前屈チェック

 

脱力した状態で、軽く前屈します。

前屈して正面から観察した際、背中の筋力の隆起、肋骨、腰のの左右

の高さの違いがあれば側湾症の疑いがあります。

上記の内容が確認された際は、一度医療機関を受診してください。

 

たすく整骨院の施術

当院では、カイロプラクティックという手技を用いて施術を行います。

カイロプラクティックの施術を行う前に、一度問診を行う必要があります。

また、当院からご案内する医療機関に受診していただき、検査を受けていただきたいと思います。

レントゲン写真は、

現在の背骨の状態について、把握し、安易な矯正を避け、患者さまを守ことに繋がります。

サブラクセーション(神経圧迫)している箇所を特定し、アジャストメント(矯正)をいたします。

一回の矯正ではまた元の状態に戻るため、施術計画を立て、計画通りの矯正を行います。

健康な体で、快適な生活を送っていただきたいため諦める前に、

一度たすく整骨院にお問い合わせください。