股関節痛の施術

福岡市南区たすく整骨院には股関節の痛みを以下の症状を訴え当院に来院されてます。

股関節の中に痛みを感じる
・脚の上がりが悪くなった
・座り過ぎによって、股関節に痛みが走る
・開脚ストレッチをした時、股関節が痛い
・股関節が痛くて、長く歩けない
・股関節をかばって、不自然な歩き方になる
・股関節が痛くて、足を上げるのが怖くて不安
・階段の上り下りが痛くて辛い

施術を受ける前にまず病院に受診してください。

福岡市南区 交通事故治療

長く続く股関節の痛みは、重篤な問題を抱えている可能性があります。
まずは整骨院、整体、カイロプラクティックを受ける前に病院をご受診ください。
また当院からご紹介できる病院もございますので、お気軽長く続く股関節の痛みは、重篤な問題を抱えている可能性があります。長く続く股関節の痛みは、重篤な問題を抱えている可能性があります。にお問い合わせください。

股関節痛のタイプは以下のように分けられます。

変形性股関節症

変形性股関節症は、関節軟骨の変性・摩耗により、関節の障害が生じ、
これに対して反応性の骨増殖(骨硬化、骨棘)を特徴とする疾患です。

臼蓋形成不全

小児期に超音波やX線レントゲンで診断名を受けますが、成長と共に変形が進行すことにより、変形性股関節症となる傾向があります。

大転子滑液包炎

大転子滑液滑液炎とは、大転子の周囲にある液体で包まれている袋が摩擦により炎症を引き起こす疾患です。

坐骨結節滑液包炎

坐骨結節滑液包炎とは、坐骨結節周囲にある液体で包まれている袋が摩擦により炎症を引き起こす疾患です。

仙腸関節機能障害

骨盤を構成する仙骨、腸骨の関節ズレによって神経を圧迫し腰痛、股関節の痛みを併発します。産前、産後の女性に多い疾患です。

恥骨結合炎 

骨盤の全面にある左右の恥骨が結合する部分に対して、外傷や出産による恥骨離開によって炎症を起こす疾患です。産後の女性、走る競技の方に多い疾患です。

(注)当院は診断することは致しませんので、ご了承ください。

臨床から見えてきた股関節痛が起きやすい人の生活パターン

このような傾向がある方は、股関節の痛みがでやすくなりますので覚えといてください。
また見覚えのある方は、今日からぜひ控えるようお願いします。

・肥満体型のの方
・胡坐、横座り、お姉さん座り(割座)をよくする方
・座るときに大き
・脚を開いている方
・足をよく組む方
・片足で立つ癖がある方
・出産後に起こるホルモンバランス
・運動競技による走る動作の負担の蓄積

股関節痛の施術を行う前に

股関節の施術をする前に、まずは何が原因で股関節の痛みが出ているのかを検査しています。

股関節の関節面の問題なのか?
・股関節の軟部組織の問題なのか?
・お尻、股関節周りの筋肉の問題なのか?
・骨盤の歪みから起きた痛みなのか?
・ホルモンバランスの崩れによって起きた痛みなのか?
・全体的バランスの崩れによって起きた痛みなのか?
・足首(足関節)、膝関節に問題があり、そこをかばっての痛みなのか?

患者さまの状態に合わせた施術を行います。

股関節痛の施術内容

骨盤・仙腸関節の調整

股関節痛の半数は骨盤の歪みが原因です。
骨盤の開き、又は閉じている影響によって、股関節を支配している神経に伝達異常が生じて、運動神経、感覚神経の機能低下によって関節の炎症、筋肉の緊張収縮を起こしている可能性があります。
カイロプラクティックの骨盤を調整することで、神経の伝達異常が開放されて、股関節の痛みが徐々に回復していきます。

股関節の調整

股関節は、体の中で一番大きな関節で自由関節です。
また上半身を支えると共に自由な動きを取れることで、今までの身体習慣や体の癖が現れやすい箇所です。
股関節の機能、運動制限箇所を正確に把握して、的確に施術致します。

股関節周囲の軟部組織の調整

股関節を支えている靭帯、関節包は、他の靭帯に比べ緊張収縮しやすく、股関節の負担となる身体習慣によってさらに緊張収縮します。緊張収縮している靭帯、関節包を開放していく施術に加え、正しい身体習慣を身につけていただくことで、徐々に回復していきます。


筋肉の調整

股関節が自由に動くためには、柔軟な筋肉が必要です。
股関節を動かす筋肉が緊張収縮していることによって、一方方向に動きに制限され、それに引っ張られるように靭帯、関節包も制限を受けてしまいます。緊張収縮している筋肉を施術、調整していくことで、徐々に回復していきます。

 

関連記事

PAGE TOP