当院はカイロプラクティックの中の〈ガンステッドカイロプラクティック〉のテクニックを用いた施術を行っております。

ガンステッドカイロプラクティックを見つけ出したDr.ガンステッドは、もともとリウマチ症に悩まされていたところカイロプラクティックの出会いによって改善したことがきっかけで、カイロプラクティックの世界に飛び込みました。

ガンステッドカイロプラクティックシステムの5つの検査法

1.インストルメンテーション

ナーボスコープ(脊椎の左右の体表温度を測定する機器)でサブラクセーションの可能性がある位置を検出します。

2.静的触診

脊椎上の浮腫、圧痛、組織の変化を検出します。

3.動的触診

患者さまの体を他動的に動かし、脊椎の関節の動きを見ていきます。動きの制限にサブラクセーションの候補が存在します。

4.視診

肩の高さ、頭、骨盤の傾き、足の長さ、歩行、脊柱のカーブ、筋肉の膨隆、うぶ毛の濃薄、肌の濃薄などを確認していきます。

5.レントゲン写真(X-ray)

脊柱のレントゲン写真を撮影し、椎間板の傾き具合、椎体のねじれを分析し、ズレを決定していきます。