背中の痛みを以下のように訴え当院に来院される患者さまがいらっしゃいます。

・座って仕事をしているとだんだんと背中が張って痛くなる

・背骨の真ん中が一日中痛い

・体を捻ると背中が痛い

・背筋を伸ばすと背中が痛い

・息を吸うと背中が痛い

訴える症状として、肩こり、腰痛も多いですが、背中の痛みを訴える方も多くいらっしゃいます。

背中の痛みで悩んでいる方に少しお役に立てれば幸いです。

施術を受ける前に、まずは病院を受診

続く背中の痛みは、重篤な問題を抱えている可能性があります。

急性膵炎、胸腰椎移行部圧迫骨折、尿路結石、胆石などの問題により背中に痛みが出る可能性があります。

まずは整骨院、整体、カイロプラクティックを受ける前に病院をご受診ください。

当院からご紹介できる病院もございますので、お気軽にお問い合わせください。

背中は関節が多い

背中の胸椎は、

椎間関節、肋骨頭関節(12対)、肋横突関節(10対)という関節が存在します。

・椎間関節とは、胸椎と胸椎の間で連結し関節を構成しています。

・肋骨頭関節とは、第1-9胸椎の間で一つの肋骨が上と下の胸椎と連結し構成している関節です。

第10-12胸椎間では、一つの肋骨と一つの胸椎と連結しています。

・肋横突関節とは、第1-10胸椎の横突起と連結している関節です。

第11-12胸椎横突起には横突肋骨窩が存在しないため、第11、12胸椎には関節は存在しません。

背骨でこんなに他の骨と関節の関係を持っているのは、他にはないと思います。

背中と臓器はつながっている

背骨の中を通っている脊髄から別れた末梢神経は、

運動神経系、感覚神経系、自律神経系が椎間孔を通っています。

それらの神経が前にいくのか、後ろにいくのかによって臓器、筋肉、皮膚知覚などをそれぞれ支配しています。

椎間孔から出る神経は、以下のように臓器を関連性を持って言われています。

  • 上部胸椎ー心臓、肺、乳房
    (第1-4胸椎)
  • 中部胸椎ー肝臓、胃、すい臓、脾臓、十二指腸
    (第5-8胸椎)
  • 下部胸椎ー腎臓、副腎、大腸
    (第9-12胸椎)
  • 右肩ー肝臓
  • 左肩ー心臓、胃、すい臓

背中の痛みとストレス

現代社会はストレス社会と言われ、

精神的ストレスはすべての痛みと関連していると言ってもいいほどの問題になっています。

胸椎には、主に交感神経によって支配されています。

人はストレスを抱えると交感神経により、心臓が速くなり、心拍数が増え、手先が冷えます。

人はストレスを感じると、交感神経神経が活発に働き、肩や背部の筋肉が緊張し、血流の流れが低下し、

血流の流れが悪くなります。また交感神経の緊張により呼吸が浅くなり、

肩こりや肩甲骨周りの痛み、背部痛を生じさせます。

背中の痛みとスポーツ

上記で説明した通り胸椎は、3カ所で関節を構成しています。

胸椎と胸椎で椎間関節、胸椎と肋骨で対を成し、肋骨頭関節、肋横突関節を構成して、

私たちの背中は、体を捻ったり、上半身を曲げたり、伸ばしたりと柔軟な動きをとることができます。

しかし柔軟な動きができることで、無理な態勢で競技を続けていると胸椎の関節間に負担を与え、

関節や筋肉、周りの軟部組織が炎症を生じさせます。

その炎症により、運動神経、知覚神経に機能異常を引き起こし、背部痛を抱えるスポーツ選手は少なくありません。

猫背とは?平背とは?

猫背は、一般的に浸透している言葉ですね。

背中、胸椎は生理的構造により後弯していますが、

関節、筋肉の柔軟性の低下により、徐々に背中の後弯が強く形成され、

背中が丸くなってしまいます。

猫背によって、胸郭の中にある横隔膜が内臓を圧迫し、

臓器の働きが悪くなりやすくあります。

また猫背は自身がないように見えるため、損することがあります。

それとは逆に背中の後弯が浅い背中のことを平背といいます。

平背は、臨床を通して猫背より多いように思います。

一見、姿勢がいいように見えますが、背中の後弯が浅いことで、背中が疲れやすく、

胸郭の動きが制限されることで、呼吸が浅い方が多いように思います。

また平背の方は、横隔膜によって胃の入り口付近を締め付けられやすく、胃の痛みを訴える方が多いです。

臨床からの背中が痛くなる人の生活パターン

・デスクワークの仕事により、長時間椅子に座る機会が多い

・肉体労働のお仕事で、背中を捻る機会が多い

・抱っこ紐で子供を抱える時、同じ方向ばかりに捻って背中に負担をかける

・背中に負担をかける競技をしている
(陸上、サッカー、野球、バスケ、柔道、スキーなど)

・発散できないストレスを抱えている

たすく整骨院の施術の流れ

①問診

背中の痛みの原因を見つけるため、

問診、検査(整形外科的テスト、筋肉反射テストなど)、カウンセリングを行いながら細かく伺っていきます。

②施術

カイロプラクティックの施術により神経の働きを正常に整える施術を行います。

③アドバイス

施術後は、体の変化を感じていただくのはもちろんですが、

普段から自分自身でできるホームケア、セルフケアをお伝えします。

自分自身の体を自己管理できると体の変化、誤った体の使い方に気づきやすくなります。

背中の痛みにお悩みでしたら、お気軽にお問い合わせください。