受付の柴原です。

時々、「無性に甘いものが食べたい!」「無性に辛いものが食べたい!」、

そんな衝動に駆られることってありませんか?

その衝動の原因、私たちの身体ではいったい何がおこっているのでしょう。

 

『甘いものが食べたい』

経験者の方、多いのではないでしょうか。

甘いものを無性に欲すると、身体が疲れているのかな…なんて思ってしまいますよね。

こんな時は、たんぱく質が足りていない可能性があります。

大豆製品や鶏肉料理を食卓に並べてみてください。

ちなみにチョコレートを欲している時は、体がマグネシウム不足になっているかも。ナッツや海藻類を摂るのがオススメです。

 

『酸っぱいものが食べたい』

梅雨や夏の時期に、よく食べたくなります。

こんな時は、体が疲れているサイン。

梅干し、お酢、柑橘系が疲労回復効果を高めてくれます。

 

『しょっぱいものが食べたい』

塩辛いものを欲するときは、ミネラル不足の可能性が考えられます。

また、ストレスを感じていると副腎の機能が弱り、しょっぱいものが食べたくなります。

ミネラルとビタミンの摂取を心がけましょう。

食材では魚介類、海藻類、ナッツ、大豆、お料理ではお味噌汁がオススメのレシピです。

 

『辛いものが食べたい』

ストレスが溜まってはいませんか?

辛いものを食べると、脳を活性化させてストレスを制御してくれたり、代謝を高める効果があります。

ただ、胃腸への負担も大きいので、程よく食べてストレスを発散させましょう。

 

『脂っこいものが食べたい』

ポテチや揚げ物が食べたくて仕方ないとき、カリウム不足が疑われます。

暴飲しやすいのが特徴なので、気をつけてください。

スイカ、ブロッコリー、アボカド、納豆などがカリウムを多く含んでいる食材です。

 

 

食べ過ぎや栄養バランスの偏りが続くと、将来の健康にも悪い影響を及ぼしてしまいます。

「無性に食べたい」は身体が発信しているサイン。

自分の食欲に変化があるなと思ったら、ぜひチェックしてみてください!