テニス肘かな?と思った時の3つのセルフテスト

私は、整骨院の学校に通った時にテニスをしていた時がありました。真剣にテニスの練習をしていたため、まさか自分がテニス肘(外側上顆炎)になるとは思っていませんでした。

力があると過信して、力に頼りすぎたことによりテニス肘になってしまいました。

そんなあなたもテニスに熱中しすぎて、肘の外側が痛い!!と感じていますか?

そういうときに簡単にできるテニス肘のセルフテストがあります。ぜひ参考にしてみてください。

テニス肘のセルフテスト

1:コゼンテスト

・痛み側の肘を90度に曲げて、握りこぶしを作ります。

・握りこぶしを背屈(手首を反らす)し、反対の手で床面に力を加え、押す力に負けないように抵抗します。その際に肘の外側に痛みが出た際は陽性。

2:ミルテスト

・肘を90度に曲げ、前腕を回内にします(手の平を床に向ける)。

・前腕して手に中身が入った500mlのペットボトルを痛み側の手で握ります。

・ペットボトルを持ったまま、手首を回外(手の平を天井に向ける)にした際に肘の外側に痛みが出た際は陽性。

3:カプランテスト


肘を90度に曲げ、テニスボールを握ります。

その握ったテニスボールを握力を測るように、おもいっきり握った際に肘の外側に痛みが出た際は陽性。

いかがでしょうか?
テニス肘かなと疑った際はこのテストを行ってみてください!テストで陽性が出た時にはしっかりアイシングしましょう。

またアイシングしても改善しなかった場合は、信頼のおける整骨院の先生や治療家の先生に尋ねてみてださい。

テニス肘の痛みでお悩みの方、一度たすく整骨院にご相談ください。

 

関連記事

PAGE TOP