受付の柴原です。

毎日とても暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

夏休みである8月、外へ飛び出してはしゃぎたいのは、きっと子供たちだけではないはずです。

夏は、幸せホルモンセロトニンが脳で活性化する季節。

青空を見上げると、やる気に満ち溢れ、たくさんのイベントを詰め込みたくなります。

ただ、ここで心配なのが身体の疲れです。

心がハイテンションで活動力に溢れていても、この暑さとスケジュールに体がついていかないことがあります。

朝起きた時はとっても元気だったのに、午後になると体が気だるい…。

これは体がハイテンションバテの状態と言えるでしょう。

週末からは連休に入るという方も多いはず。

疲れがどっと出ないようぜひ身体のケアを心がけましょう。

夏バテ対策

夏バテに有効なケア方法をご紹介いたします。

ぬるま湯に浸かる

暑い夏はお風呂に浸かりたくないと思うものです。

しかし、普段からシャワーですませている方も、出来ればぬるま湯に浸かるようにしてみましょう。

ぬるめの炭酸風呂だと尚よいです。心身共にリラックスでき、ハイテンションバテへの効果が期待できます。

◆十分な睡眠◆

疲れた身体を回復させるには睡眠がとても重要。

寝苦しい熱帯夜でも質の良い睡眠が得られるように、対策を行いましょう。

エアコンをつけて寝るときは、設定温度が低くなりすぎないようにする。

寝室の隣の部屋のエアコンをつけて寝るようにする。

アイス枕を活用する。

…などなど。

今年の夏もとても暑く、とくに8月は猛暑の予報がでています。

「ちょっと疲れたな…」と感じたら、すぐに対策を!

身体の疲れを引きずらずに解消していくことが、熱中症の予防にもつながります。

ご予約の際は、お電話《092-405-8100》か、便利な《24時間ネット予約》をご利用ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 104db815a035cd047934d7fe6f678066.jpg です