坐骨神経痛の症状について

◆座っていると段々と脚の外側が痺れてくる

◆横になっていないと腰が辛い

◆痺れるから立ってた方が楽など

という症状や生活の支障があることを訴えられ当院に来院される方が多いです。

坐骨神経痛とは

 

坐骨神経痛という病名はなく、坐骨神経に沿った痛みやしびれの症状の総称です。

坐骨神経痛は、

腰、仙骨部からでん部、下肢の後面~外側へ放散する痛みと痺れを伴います。

腰の状態が安定することで、知覚異常は正常に戻ります。

施術を受ける前に、まずは病院へ

急なしびれ、慢性化しているしびれでまだ病院を受診されていない方は、まずは病院を受診してください。

痺れには、重篤な問題によってがしびれが起こることがあります。

まずは整骨院、整体、カイロプラクティックを受ける前に病院をご受診ください。

当院からご紹介できる病院もございますので、お気軽にお問い合わせください。

しびれの種類

脚の痺れには、痺れの種類、持続時間、痺れが現れるタイミング、範囲によって施術が異なります。

上記のイラストは、それぞれの神経支配領域を示しています。

  • 第1腰神経(青)
  • 第2腰神経(青)
  • 第3腰神経(青)
  • 第4腰神経(青)
  • 第5腰神経(青)
  • 第1仙骨神経(赤)
  • 第2仙骨神経(赤)
  • 第3仙骨神経(赤)
  • 第4仙骨神経(赤)

痺れの範囲を把握することで、影響を受けている椎間板レベルや筋肉の問題を特定しやすくなり、施術の結果が異なってきます。

坐骨神経痛は以下のタイプに分けられます。

梨状筋症候群

坐骨神経は骨盤から足の方へ向かいますが、骨盤の出口にある梨状筋という筋肉の間を通ります。
通常、この筋肉は柔らかくないといけないのですが、普段の仕事や日常生活の負担により、梨状筋が硬くなり神経を締め付け痛みやしびれを招きます。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアには「急性」と「慢性」の痛みがあります。急性はギックリ腰のような急な激しい痛み、慢性は鈍い痛みが続く痛みです。腰痛以外にも、椎間板の髄核が輪状繊維を破り、神経根を刺激しシビレ(坐骨神経痛)を伴うこともあります。
慢性化した椎間板ヘルニアは、椎間板の退化により神経の通り道である椎間孔の狭小、神経圧迫により痛みやシビレを伴います。

※重篤なケースだと失禁する恐れがありますので、その場合は医療機関にご相談ください。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、脊柱が通る管の中にある脊柱を支える黄色靭帯が変性を起こすことで、血流障害や神経の圧迫を引き起こします。
症状としては、少し歩く(間欠性歩行)だけで激痛やシビレを伴います。ひどい場合だと失禁する場合があります。
脊柱管狭窄症は加齢や重度な肉体労働の蓄積によって、陥るケースが多いです。

 

臨床から見えてくる症状を引き起こす生活の中の原因パターン


・長時間座りことが多い

・重度な肉体労働

・身体が硬く、柔軟性を失っている

・不安定な態勢で座ることが多い(横坐り、割座など)

たすく整骨院がお役に立てること

坐骨神経痛の原因を見つけるために、

・問診

・検査(整形外科的テスト、筋肉反射テスト、姿勢検査など)、

・カウンセリングを細かく伺っていきます。

体全体を見ていきながら一人一人の状態に合わせて施術、矯正を行います。

また、生活指導、ストレッチ指導、予防運動の指導を行い、ご自身でも坐骨神経痛の症状を和らげていただくためのケアをお伝えしていきます。

坐骨神経痛でお悩みの方、一度たすく整骨院にご相談ください。