受付の柴原です。

12月に突入しました!

今年も残すところあと一ヶ月です。

感染症が流行しやすい時期なので、体調管理にお気をつけください。

 

1℃の違い

人間の理想体温は、36.5~37.0℃といわれています。

ところが、いま体温が35℃台の 「低体温症」の人が増えています。

たった1℃の差、ここに大きな違いがあるのをご存知でしょうか。

体温が1℃下がると、代謝が10~20%、免疫力は30%も落ちるといわれています。

風邪をひきやすくなり、血液の流れが滞り老廃物も溜まりやすくなって老化がぐっと進んでしまいます。

健康で若々しくあるためにも、出来る限り体を冷やさないように心がけてください。

 

ホッカイロを活用

12月1日は「カイロの日」なんだそうです。

寒い日には、カイロを活用してみましょう。

体全体を温めるポイントとなる場所があります。

○おへその下 ………ただし、妊婦さんはお腹を避けてください。

○足の裏  ……………冷え性の人は、靴にカイロを入れるといいでしょう。

○内股  ………………太い血管が通っていて、温めると効果的です。

○おしり  ……………立ち仕事が多い人におすすめです。

 

また、眼精疲労など目に違和感がある時は、腎臓のある背中の左右にカイロを張って温めると、症状が和らぐことが多いそうです。

冬に多い、肩こりの症状。これには、首の後ろや肩甲骨の真ん中あたりを温めると効果があります。

これらの場所にカイロを張ると、体の冷えの改善になります。参考にしてみてください。

 

体を温める食材

食べ物には体を温めたり冷やしたりするのに適したものがあるのをご存知でしょうか。

冬に努めて摂りたいのは「体を温める食材」。

食材を選ぶ時のポイントとしては、

寒い地方で作られた食材や、冬が旬な食材を選ぶこと。

水分をあまり含まない硬い野菜を選ぶようにすると分かりやすいですよ。

温野菜や煮物、スープなどの調理法が好ましいです。

ショウガ、にんにく、赤唐辛子、ねぎ、なども料理にプラスしてみましょう。

 

体を動かす

寒いとどうしてもコタツに入ったり、暖房のきいた部屋でじっとして過ごしがちです。

そんな時こそ体を動かして体の内側から温まりましょう。

ストレッチや足踏みなど、室内で出来るものでも大丈夫です。

歩くときに歩幅を広くしたり、腕を大きく振るだけでも体がポカポカと暖かくなります。

冬太りの解消、気分転換にもなりますので、こまめに体を動かすことを心がけましょう。

 

お天気が下降気味な今週は、週の後半から急な冷え込みが予想されています。

冬も本番、ぜひ寒さに負けない体づくりを目指しましょう。

お身体のことでお困りの際には、お気軽にたすく整骨院までご相談ください。

ご予約の際は、お電話《092-405-8100》か、便利な《24時間ネット予約》をご利用ください。