雨の日は過去のケガ、古傷がうずく関節痛のワケ

雨の日になると過去のケガや古傷がうずき、神経痛に悩んでいる方が当院にもご来院いただいております。

・疼く痛みがある
・ズキズキした痛みを感じる
・ジンジンする痛みを感じる

などの関節の痛み、不快感を雨の前の日、当日に感じながら耐えている方も少なくないのではないでしょうか。
過去のケガ、古傷の痛みも天気による影響によって、痛みや不快感を感じてしまっています。
天気痛についてはこちらをごご覧ください→天気痛について

雨の日の過去のケガ、古傷のうずくワケ

天気痛の記事で書いたように、気圧が下がると交感神経が優位に働きます。
交感神経優位に働き過ぎると、血管収縮による血液の流れの低下による酸素不足、筋肉には乳酸がたまり、筋肉には発痛物質が発生します。
また神経を刺激し、過去のケガ、古傷のうずきが感じるということになります。
過去のケガ、古傷は記憶されるという考えもあります。

たすく整骨院は雨の前日、雨の日の過去のケガ、古傷にお困りの方はたすく整骨院にお気軽にご相談ください。
一人ひとりに合わせた施術、アドバイスをさせていただきます。

関連記事

PAGE TOP