受付の柴原です。

みなさんは、一日の中でどのくらいの時間をパソコンの前で過ごしているでしょうか?

現代社会では、パソコンは私たちの生活から切り離せないアイテムの一つです。

そんなパソコン作業を行うなかで、肩こりや目の疲れ・腰痛などの不調をを訴えていらっしゃる方が非常に多い印象があります。

このような症状でお悩みの場合には、ぜひパソコンを扱う時の『姿勢』に注目してみましょう。

あなたの姿勢はどうなっている?

まず、パソコンを使う時の姿勢を思い出してみましょう。

《目線が下向きになっている》

心当たりはありませんか?

パソコンが復旧した当初はデスクトップ型のパソコンが主流でしたが、現在ではノート型パソコンを使用している方が多いでしょう。

ノートパソコンの使用時は、目線が下向きになりやすく、おのずと背中が丸くなり、首が前へと出てしまいがちです。

また、椅子に座る時はどうでしょうか。

《椅子に浅く座って、背もたれに仰け反るように寄りかかる》

こんな体勢になっていませんか?

楽に思えるこの体勢も、実は背中が丸くなりがちな姿勢と言えます。

理想的な姿勢を意識する

背中が丸くなった姿勢が続くと、首や肩への負担が大きく、

肩こり・頭痛・目の疲れなどの症状を引き起こします。

そして、背中の丸い状態は、からだを支えようとする腰の筋肉にも負担をかけます。

また、次のような癖がある場合も注意してみてください。

・足を組む癖がある

・キーボードを目で追ってしまう

・頬杖をついてしまう

・椅子の位置が高すぎる


姿勢を正しく、背骨でからだを支えることが、体への負担を軽減させる鍵です。

症状の改善のために、ぜひ心がけてみましょう。

お身体のことでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

ご予約の際は、お電話《092-405-8100》か、便利な《24時間ネット予約》をご利用ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 104db815a035cd047934d7fe6f678066.jpg です