夏から秋への移り変わりに、「抜け毛が増えた」と感じることはありませんか?

そもそも髪は抜けないと生えてこない。

これは、新しい髪の毛が生えてくるための大切なヘアサイクルです。

ですが抜け毛、薄毛、白髪など、髪や頭皮のことでお悩みの方はとても多いです。

もしかすると、髪の毛の成長をストップさせてしまう要因が普段の生活環境に潜んでいるかもしれません。

原因はあるの?

〈要因①遺伝〉

脱毛症の原因として、遺伝的要素は深く関わっています。

とくに、遺伝が深くかかわっている男性型脱毛症の場合、遺伝因子が1つあった場合でも脱毛症になりやすく、なんと75%もの男性が薄毛体質を受け継いでいると言われます。

〈要因②ストレス〉

薄毛になりやすい人の8割が「神経質タイプ」という統計があるそうです。

ストレスからなる皮脂の分泌量増加や、自律神経の乱れが原因となり髪の毛が栄養不足となって脱毛が多くなってしまいます。

〈要因③食生活〉

よい髪の毛を育てるには「何を食べるか」がとても大切です。

注意したいのは、肉食など脂分の多い食事の取り過ぎ。

髪の毛はケラチンというたんぱく質でできているため、たんぱく質が不足すると薄毛や脱毛が起こりやすくなります。

〈要因④タバコ〉

タバコの煙に含まれるニコチンは血管を収縮させるため、栄養分が頭髪を育てるのを妨げます。

〈要因⑤健康状態〉

とくに大事なのは、胃腸の健康状態をよくしておくことです。

いくら髪に良いものを食べていても、うまく消化吸収されなければ、髪の健康を保つことができません。

また、肩こりも頭皮の血行を悪くするので注意が必要です。

〈要因⑥間違った手入れ〉

肌質に合っていないシャンプーや整髪料を使用している場合、皮膚刺激で抜け毛が増えることがあります。

〈要因⑦紫外線〉

紫外線は頭皮のコラーゲンやエラスチンに変化を起こし、おもに頭頂部や額の生え際部分が硬くなり薄毛が起こりやすくなります。

〈要因⑧メラニン色素の減少〉

白髪の場合、遺伝の影響もあげられますが、通常は頭皮の老化によって起こります。

髪の毛にはメラニン色素が含まれていて、それが毛髪の色を左右します。頭皮の老化により、メラニン色素が作れなくなると、白髪が増えていきます。

 

予防法はあるの?

あります。

個人差はありますが、予防はできるのです。

《予防①頭皮の血行を良くする》

薄毛・脱毛予防でもっとも大切なことは、頭皮を健康に保つこと。

  • シャンプー…すすぎを念入りに行うことで、汚れや皮脂を落として頭皮環境を良くする。

  • マッサージ…習慣化して頭皮の血行を良くする。

また、肩や首、背中がこり固まっていると、頭部へ血液が流れにくくなります。肩甲骨のストレッチなどでこりをほぐしましょう。

 

《予防②バランスの摂れた食事》

脱毛・薄毛のほかに、白髪の唯一の予防策はバランスのとれた食事です。

 ◆つとめて摂りたい食品◆
  • たんぱく質…大豆、レバー、卵、肉、魚など
  • ビタミンA… 肝油、うなぎ、卵、レバー、小松菜、ニラ、緑黄色野菜など
  • ビタミンB… 米ぬか、小麦発芽、牛レバー、チーズなど
  • ミネラル……牡蠣、しょうが、牛ひき肉、干しえんどう、ナッツ、はまぐり、たら、ココアなど
  • カルシウム…干しえび、煮干し、うるめいわし、ひじき、ごま、チーズなど
 ◆なるべく避けたい食品◆
  • 刺激物…… とうがらし、こしょう、わさび、カフェインなど
  • 塩分
  • 糖分
  • アルコール

なんでも撮りすぎは良くありません。

ほど良くバランス良くを心がけましょう。

 

《予防③便秘の改善》

便はデトックスの役割を果たしますが、便秘になると老廃物が溜まってしまうため新陳代謝が悪化します。

胃腸の動きを活発にするためにも、便秘を改善していきましょう。

 

《予防④睡眠不足・過労の解消》

睡眠不足になると、自律神経の働きが乱れます。

よい髪の毛をつくりだす細胞の修復のためには睡眠・健康は欠かせません。

 

まとめ

ぜひ、ご自身の頭皮を触ってみて下さい。

柔らかく良く動きますか?

それとも、硬くてあまり動かないですか?

もし原因が分かったらば、まずはその要因を改善していきましょう。

当院ではおすすめの頭皮マッサージもご紹介しておりますので、どうぞお気軽にお尋ねください。