ジャンパー膝とは

 

ランニングやジャンプの着地、軸足の踏ん張り、膝の曲げたり、伸ばしが繰り返されることによって起こる膝の痛みです。

成長期の子供に多く、サッカー、テニス、野球、陸上などのスポーツに多くみられるケガです。

ジャンパー膝の原因

原因として考えられるのは、使い過ぎることによって引き起こされ負傷します。

ジャンパー膝は成長期の時期(12才~18才)に多くみられます。

成長期には、ホルモン、身長、体重が増えていきます。

その時期と重なり、運動量に対して、休息が足らずに膝の曲げ伸ばしが繰り返されることによって、膝蓋腱靭帯の付着に炎症を生じさせます。

また、筋力不足、筋肉の柔軟性の不足、体のアンバランス、体の歪みなども考えられます。

ジャンパー膝の症状

膝のお皿の下に痛みや腫れ、熱感をが生じます。

重症のものになると、膝蓋腱靭帯の付着部の骨が引っ張れ、膝のお皿の下が隆起することがありますので、注意が必要です。

たすく整骨院がお役に立てること

大腿四頭筋のスパズムを取り除き、痛みに対するアプローチを行います。

痛みが和らいできたタイミングで、自宅でできるセルフケア、ストレッチをお伝えし、再発防止に努めます。

ジャンパー膝でお困りの方、一度たすく整骨院にご相談ください。