受付の柴原です。

昨日はお昼過ぎからバケツをひっくり返したような大雨でしたね…。夕方からは上着を羽織るくらいに肌寒く感じました。

連日暑い日が続きますが、やはり雨が降った後や朝晩には気温が下がっていつもより寒く感じます。

この梅雨期の「温度差」が、体が疲れやすくなったりする原因となります。

また、雨が多くなると日光に当たる時間が少なくなって、睡眠時の眠りが浅くなってしまします。

 

梅雨時期の主な対策として、

  • こまめに体温調節をする
  • 太陽が出ている時は外に出る
  • ぬるめのお湯にゆっくりとつかる
  • 口呼吸ではなく鼻呼吸を心がける(←鼻呼吸は体温を上げたり、痛みを和らげてくれたりします。お手軽簡単!先生イチオシ!)

 

簡単にできることばかりなので、毎年この時期になると体も気分もスッキリしない~という方は、ぜひとも実践してみてください。

たすく整骨院では、梅雨時期のお体のお悩みにも対応させていただきます。

ご自身で体調管理はしているけれどもなかなか良くならない等ございましたら、お気軽にご相談ください。