年末にさしかかり、だんだんと寒さが増してきました。

冬と言えばスノボやスキー、スケートなどのスポーツが思い浮かびます。

お正月休みや冬休みを利用して、レジャーを計画している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな冬のイベントで気をつけていただきたいこと。それは「ケガ」です。

冬は寒さで筋肉か硬くなり、ケガやギックリ腰などのリスクが高まります。

ケガを予防するポイントをつかんで、ぜひ楽しい休日をお過ごしください。

 

ケガを予防するためのポイント
◆準備運動(ウォームアップ)をしっかりと行う◆

極端な温度差はケガのリスクを高めます。

あらかじめ暖房を切った部屋で、寒さに慣れてから外に出ると尚よいでしょう。

 

 

 

◆運動後にはストレッチを行う◆

運動前だけでなく、運動後にもストレッチを行うことで、疲労回復を早くする効果があります。

休み明けに疲れを残さないためにも、ぜひ運動後にもストレッチを行いましょう。

 

 

◆防寒・防水・速乾性のある服装を◆

分厚いものを一枚よりも、体温調節がしやすいよう、薄めのものを重ね着するのがおすすめです。

服だけでなく、靴も防水タイプのものを選ぶと理想的です。

 

 

◆冷水ではなく常温の水を飲む◆

冷水を飲むことによって、消化器系が冷たい水を温めるために余分なエネルギーを使わなければなりません。

寒い場所で、このような状況は避けるべきだと言えます。

 

 

◆気温が7度以下の時は、長時間の外で過ごさないようにする◆

低温下では、冷たい空気が肺に入り、喘息が出やすくなったりします。

心臓にも負担がかかってしまうので、体調管理には十分注意が必要です。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

冬場のトレーニングなどでも同じように、適切な予防を行い、ぜひケガのない楽しい年末年始をお過ごしください(^^)