受付の柴原です。

三月、毎年ぼんやりと思いふけってしまう時であります。

この季節は、卒業、定年退職、就職活動、確定申告など、

さまざまな行事が終わることの脱力感から、

身体だけでなくメンタル面でのストレスを感じる人は少なくありません。

花粉症や朝晩の気温差も重なり、どうしても心身ともに不安定になりやすい季節と言えます。

体調管理と同じように、メンタル管理がとても大切だなと感じるこの頃です。

 

身体を冷やさない

季節は春へと変わり、ダウンから春物の服へと移行したいところです。

しかし、油断は禁物。

三月の忘れ雪なんて言葉があるように、この時期はまだまだ冷え込むことが多いのです。

なるべく身体を冷やさないように、重ね着などで体温調節を行うといいでしょう。

明るめの色の服をチョイスすると、春らしさを感じ気持ちも明るくなります。

 

マイペースを忘れずに

たくさんの行事が重なりすぎて、自分のペースを崩してはいませんか?

ストレスは、とくに真面目で几帳面な頑張り屋さんほど溜めやすい傾向にあります。

マイペースは決して悪いことではありません。

疲れたなと感じたら、自分のペースを忘れずに体を労わるようにしましょう。

 

毎日を丁寧に

三月におこる独特の感情は、今この時しか味わえない感情です。

これまでの思い出や頑張りを振り返る時間をつくってみたり、次の目標を立ててみたり、

毎日を丁寧に過ごすことが張り詰めていた心身にゆとりを与えてくれます。

 

運動のいいところ

身体のために運動をしている人はたくさんいますが、

メンタルバランスを整えるためにも運動は欠かせません。

気分が低迷していると、ついふさぎ込んでしまいがちですが、こんな時には思い切って身体を動かしてみましょう。

運動をして体が疲れると、自然と心の疲れは軽くなってきます。

無理はせず、気分転換になる程度の運動でかまいません。

ただ散歩するだけでも良いのです。

きっと終わった後には清々しい気持ちになっているはずです。

 

 

心身のバランスを上手に整えることが、新たある年度を健やかにスタートできる鍵となります。

お身体のことでお困りの際には、お気軽にたすく整骨院までご相談ください。

ご予約の際は、お電話《092-405-8100》か、便利な《24時間ネット予約》をご利用ください。