受付の柴原です。

春、新しいことがたくさんの季節です。

環境の変化にちょっぴりお疲れモードの人もいるかもしれません。

疲れやストレスは、食生活ともおおいに関係しています。

心身の疲れを感じたら、ぜひ食生活の面からも振り返ってみましょう。

現代人の食生活

次のようなことに心当たりはありませんか?

  • 食欲が止まらない
  • 偏食で好き嫌いが多い
  • 油ものが大好き
  • コンビニやファーストフードをよく使用する

欧米化がすすみ加工食品を摂ることが多い現代の食生活では、栄養不足が懸念されます。

とくに、葉酸、ビタミンB群、ミネラル、DHAやEPAの不足は、うつ病の患者さんにも不足傾向にあることがわかっています。

また、飽食でだれもが過食や肥満になりがちな環境です。

ストレスを感じると食欲が旺盛になる人がいますが、反対に肥満がうつ症状のリスクを高めてしまうことがあります。

食事は「定食スタイル」を心がける

栄養不足を解消するためには、バランスのよい食事を摂ることが大切です。

主食(ごはん)、主菜(肉や魚などのおかず)、副菜(野菜中心のおかず)、汁物、

これらがセットになった「定食スタイル」を意識しましょう。

食べ過ぎることなく、野菜など普段不足しがちな栄養もしっかりと摂ることができます。

食生活の見なおし

忙しい日には、どうしても外食やコンビニに頼りがちです。

疲れて時間もないとなると、簡単に口にできるものを選びがちですが、できるだけ野菜や具だくさんのスープなどを一緒にチョイスするようにしましょう。

体がお疲れモードだと、心まで疲れやすくイライラしやすい傾向にあります。

バランスの良い食事を目指して『定食スタイル』を意識してみましょう。

また、コーヒー、アルコール、砂糖は、気持ちをリフレッシュさせてくれる効果があります。

しかし、摂りすぎは禁物です。

睡眠の質を下げたり、急激な血糖値上昇など心身への悪影響が考えられます。

食生活の乱れが、心と体に大きな影響をもたらします。

ぜひストレスに強くなる食事を目指してみてください。

ご予約の際は、お電話《092-405-8100》か、便利な《24時間ネット予約》をご利用ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 104db815a035cd047934d7fe6f678066.jpg です

【栄養と料理】より引用