ストレスをコントロールする

受付の柴原です。

12月に入り、肩こりや腰痛を訴える患者さまが多くなったように思います。
旧暦でいうところの12月を「師走」といいますが、師走には、師(僧)が走り回るほど忙しいという季節の由来があります。

年末に向けて気持ちがソワソワと落ち着かない

忙しい日々が続いている

なかなか熟睡できない

暴飲暴食が多くなってきて疲れ気味

気象の影響や生活面での忙しさが重なり、11月から12月にかけての疲れが少しづつ身体に現れやすくなる頃です。
ストレス対策には、ほっと一息つける気分転換が大切です。

ストレスコントロール

現代社会において、ストレスはつきものです。
ストレスが溜まり疲労困憊になってしまった身体は、さまざまな不調を巻き起こします。

・風邪をひきやすい
・頭痛
・胃痛、腹痛
・体の痛み
・うつ症状

ため息が出る…。
そんな時は、身体からのSOSとして受け止めてあげましょう。

ストレスを軽減させるには、自らがコントロールして自分のペースを保つことがとても重要です。
忙しいときだからこそ、体を労わることを忘れないようにしてみましょう。

また、寒い冬場はどうしても室内でじっとしてしまいがちです。
お天気の良い日には外へ出て、景色を見ながらゆったりと散歩するだけでも気分転換になり、身体も暖かく軽くなります。
お仕事の合間にも、少しだけパソコンから目を離してリフレッシュタイムを心がけましょう。

関連記事

PAGE TOP