座りっぱなしのリスク

皆さんは、1日の内どのくらいの時間を座って過ごしますか?

世界20ヶ国の平均が5時間なのに対し、日本人の平均時間は約7時間というデータがあります。

座りっぱなしでお尻が痛い
在宅ワークになって腰痛が酷くなった

など、お悩みの声がよく挙がります。
「座りっぱなしのリスク」について考えてみましょう。

座りっぱなしはなぜいけないのか?

真面目な国民性で働きすぎな傾向にある日本人は、世界一座っている時間が長いと言われます。デスクワークが中心の人であれば、優に8時間は超えてしまうでしょう。

では、就業時間外の場ではどうでしょうか。
通勤時、外食時、自宅での座位時間、考え出すときりがないほど、とても長い時間を座って過ごしていることに気づきませんか?

恐ろしいのは、この「座りすぎ」が様々なリスクを上昇させてしまうことです。

「座りすぎ」が招く身体への影響

健康をむしばむ

座っている体勢では脚の筋肉がほとんど動きません。
脚の筋肉はとても重要な役割を担っていて「第二のポンプ」といわれています。
座ったり立ったり、歩行することで筋肉が収縮・弛緩を繰り返し、下半身に降りてきた血液を心臓へと押し返し循環させています。
座ったままの姿勢が長く続くと、このポンプの機能はストップして、長時間下半身に停滞し続けた血液はしだいにドロドロになり、肥満・糖尿病・ガンや循環器系疾患を誘発してしまうのです。

腰痛や肩こり

福岡市腰痛治療

長時間、座ったままの同じ姿勢をとることで腰痛や肩こりを訴える方は少なくありません。また、在宅ワークが増え、普段とは違うデスクや椅子を使うことで、症状の悪化を訴える方も多くなっています。

リスクの解消を心がける

座りっぱなしのリスクを解消させる唯一の方法は、ズバリ、長時間座ったままにならないことです。

例えば、

  • 少し距離のあるものを取りに行くようにする。
  • 30分に一度はトイレや水分補給の休憩をとる。
  • 席を離れられない場合には、その場でかかとの上げ下ろし運動をする。

このようなちょっとした工夫で、症状を軽減させることが可能です。
ご自身のライフスタイルを振り返り、心当たりのある方は、ぜひ心がけて行うようにしてみてください。

>福岡市南区で整骨院をお探しなら【たすく整骨院】へ

福岡市南区で整骨院をお探しなら【たすく整骨院】へ

一人ひとりに寄り添った施術で、原因を取り除き根本的改善を目的とした施術を提供致します。そして、健康-予防-次のステージを探求を続けていきます。

CTR IMG