梅雨時期に、快適な睡眠を手に入れる対策

受付の柴原です。

梅雨に入り、蒸し暑い日々が続いています。
毎年のことですが、なかなか体が追いついていきません。

身体がスッキリしない」
「むくみがとれない」
「夜中に何度も目が覚める

この時期の悩みの一つに「快適な睡眠がとれない」ことが挙げられます。

人は睡眠中、寝汗をかいて体温調節をしています。
その量、一晩で約コップ一杯分。
しかし湿度が高くなると汗をかいてもなかなか蒸発しないため、体温調節が出来ずに何度も目が覚めたり、寝苦しく感じたりしてしまいます。
また、夜になると急に気温が下がるなど、特有の寒暖差も睡眠の質を下げる原因の一つと言えるでしょう。

梅雨から夏にかけて、快適な睡眠をとるためにぜひ工夫をおこなってみましょう。

エアコンの活用


身体が気だるくなるからと、就寝時にエアコンを避けがちな人は多いです。
しかし、上手に活用することで安眠を得ることができます。

この時期の睡眠のポイントは除湿です。
湿度が高い梅雨時期にはドライ機能を活用したり、体に冷気が直接あたらないように寝室の隣の部屋のエアコンを活用するなど工夫をしてみてください。
質の良い睡眠がとれることで、夏場の気だるさも改善できます。
快眠の目安となる湿度は50~70%です。

部屋干しの工夫


洗濯物が部屋干しになってしまう季節です。
そのため、室内の湿度は更に高くなりがち。
部屋干しをするときは、なるべく寝室は避け、洗濯物の下の方から扇風機などで風邪を送るようにしてみましょう。

新聞紙の活用


お手軽簡単に除湿剤の代わりを果たしてくれるのが新聞紙です。
新聞紙は湿気を吸いやすいのが特徴なので、寝室に置いておくだけで湿気対策となります。

布団の除湿


毎晩、かなりの寝汗を吸収している布団です。
晴れ間がみえる時には、こまめに布団を干すようにしましょう。
その他にも布団乾燥機を活用してみましょう。
この季節にはアレルギーや喘息などの症状が出やすく、その原因となるのがダニやカビです。
湿気が溜まってしまったままの布団には、このダニやカビが大量に発生してしまうため、布団の除湿はこまめに行うことをお勧めいたします。

雨模様の福岡。
ただでさえ気分が下がりがちな梅雨の時期です。
ぐっすりと質の良い睡眠をとって、体調を万全に整えましょう。

関連記事

PAGE TOP