秋は食べ過ぎに要注意!

受付の柴原です。

近頃「すぐにお腹がへる」と感じていらっしゃる方はいませんか?

気温が少しずつ下がり始めると、体は体温を上げるために普段よりも多くのカロリーを必要とします。
これは、寒さが激しくなる前に脂肪を蓄えようとする本能です。

また、幸せホルモン「セロトニン」は満腹感を与えて食欲を抑える働きがありますが、夏から秋へと日照時間が短くなるにつれてセロトニンの分泌が減少し、食欲が増加することが考えらます。

食欲の秋、しかしその誘惑に負けて食べ過ぎがつづいてしまうと、身体の不調となって症状が現れだします。
次のような症状に心当たりのある方は、気をつけましょう。

食べ過ぎの「リスク」

イライラしやすい


普段から甘いものをよく食べる方や、炭水化物をよく食べる人は、糖分が十分満たされている時はハイテンションな状態でも、糖分が減ってくるとイライラが増していきます。

疲れやすい


炭水化物をよく食べる人は、たんぱく質不足・食物繊維不足になりがち。
気分の浮き沈みが激しく、エネルギー不足も重なることで疲れを感じやすくなります。

肌荒れ


秋は空気が乾燥して肌荒れを起こしやすい季節ですが、糖分の摂りすぎも肌荒れを起こしやすいので注意が必要です。
糖分の摂りすぎはホルモンのバランスが崩れ、ニキビや赤ら顔などの原因となります。

太りやすい


糖分の摂り過ぎはカロリーの摂り過ぎへとつながります。
加えて満腹感が得られないため、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

食べ過ぎの「対策」

①食べる順番を工夫する


「いただきます」と箸を持ったときに、まず口に運びたいのは野菜、海藻類、きのこ類です。
食物繊維が豊富なこれらの食材を先に食べることで、血糖値の急激な上昇を抑えることができ、脂肪を蓄えにくくなります。

よく噛んで食べる


よく噛むことによって、満腹中枢に刺激を与えるので、少量の食事でも食べ過ぎを防ぐことができます。

③食材や調理方を工夫する


秋は美味しい食材がたくさんあります。
さつま芋や栗、かぼちゃなどの糖分が多い食材は、調理法を工夫して、ほっこりとした素材そのものの味わいを楽しみましょう。
また、ご飯・パン・菓子類は控え、肉・魚・大豆などのたんぱく質やビタミンを摂るように心がけましょう。
免疫力アップで風邪予防にもつながります。

食べ過ぎによる急な体重増加は、体の痛みや不調に関係してくるばかりか、生活習慣病などのリスクも高まります。
上手にストレスを発散して、体にも美味しく楽しく秋の味覚を堪能してください。

関連記事

PAGE TOP