むち打ちの施術|福岡市南区のたすく整骨院

むち打ちとは

むち打ちは医学的用語ではなく、正式な病名は外傷性頚部症候群と言います。
静止しているところに車の加速(減速)の衝撃によって、頸椎の屈曲(顎を引く動き)又は伸展(顎を上げる動き)動作が、解剖学の限界を超えた負荷が首に加わったことにより、首の軟部組織の筋肉、じん帯などが損傷することを指します。

むち打ちで整骨院、整体に行く前にまずは病院にご受診ください。

むち打ちだからと言って、決して軽視してはいけません。
むち打ち症の程度によっては、神経、血管、椎間板などが傷つく可能性があります。かかりつけクリニック、近所の整形外科にて精密検査、レントゲン検査をお勧めします。

追突事故のむち打ちは、首の過伸展で損傷することが多い

 

ほとんどのむち打ちは停車状態から後ろからの追突により、反発する力が働き頭が後方に持っていかれることで、首の過伸展が強制され、首の軟部組織、じん帯、筋肉、椎間関節に負担を与えます。
ヘッドレストがあるため、衝突の程度によっては軽い症状に収まりますが、さまざまな悪い条件が重なると重い神経痛の症状が現れます。

むち打ち症になるきっかけ

むち打ちのお悩み、ご相談を頂く内容のほとんどは、交通事故による追突事故です。
それ以外にはラグビーのコンタクトプレイによる接触事故、サッカーのヘディングシュートによるケガ、柔道の投げられた際に受け身がとれず、頭から落ちた時のケガなどが強い衝撃を受けて痛めてします。

むち打ち症の症状

福岡市南区のむち打ち症状の訴え

むち打ち症には知覚、運動、自律神経の損傷の程度によってそれぞれの症状が異なります。
もし、むち打ち症の症状でお悩みの方はひとつ参考にされてみてください。

むち打ち症による感覚障害

むち打ち症には神経症状を伴う軟部組織の損傷、神経症状を伴わない軟部組織の損傷があります。
神経損傷を伴うと神経支配に沿って、腕、手の痺れ、マヒ、感覚が鈍いなどの症状を生じます。

むち打ち症による運動障害

むち打ち症には神経損傷による運動障害を伴う場合もあります。
・手に力が入らない握力低下
・ペン、箸を持つと落としてしまう
などの運動障害が生じてしまいます。

むち打ち症による自律神経障害

むち打ち症には自律神経由来の不調を伴う場合があります。
首(頚椎)には交感神経、副交感神経の二重支配を受け、相反する働きがあることで我々の健康をコントロールしています。
しかし、自律神経が障害を受けると、さまざまな問題を引き起こしてしまいます。
・めまい感
・不眠

・倦怠感
・吐き気
・偏頭痛
・ふわふわしたような浮遊感をかんじる
などの自律神経障害を生じてしまいます。

たすく整骨院のむち打ちの施術内容

たすく整骨院では当院でしかできない施術にて、早期回復を実現しております。
細かな問診と検査から、根本的改善を目的とした施術を致します。
元の健康な身体を取り戻し、元の日常生活に戻っていただく施術を提供致します。

筋肉・筋膜の調整

首には、たくさんの筋肉が存在しています。
むち打ち症によって傷つく筋肉には後頭下筋群、胸鎖乳突筋、脊柱起立筋などがあります。
それぞれの筋肉の状態を評価して、的確な施術を致します。

頚椎・背骨の調整

むち打ち症は、首に受けた衝撃を椎間板が負担を保護します。しかし、衝撃の程度によって保護できない場合は椎間板が炎症し、炎症した椎間板が神経根を圧迫してしまいます。
神経圧迫を受けた箇所によって、それぞれの神経障害が現れます。整形外科テスト、知覚検査、筋力検査などによって神経障害を特定し、椎間板を用いて頚椎の神経に対して施術を行います。

むち打ち症でお悩みの方は、お気軽にたすく整骨院にご相談ください。
また交通事故被害によるむち打ち症を患った方は、こちらのページも参考にしてみてください。
交通事故の施術

関連記事

PAGE TOP