受付の柴原です。

寒暖差の激しいこの頃、ようやく体が寒さに慣れたと思ったら、また少し暖かい日が戻ってくるようです。

体調管理が本当に難しいです。

鼻水や咳がでて、なかなか治らない

熱はないのに気だるく風邪っぽい

加えて何だか顔がムズムズする

そんな時は、寒暖差の影響でアレルギーの症状が出ている可能性があります。

ご自身の症状と照らし合わせてみましょう。

 

寒暖差アレルギーはなせ起こるのか

アレルギーと名がついていますが、医学的な名称は「血管運動性鼻炎」といい、アレルギーと似た症状が起こります。

そのため、病院などで検査を行ってもアレルギー反応は出てきません。

では、どんなメカニズムで起こっているのかをご説明いたします。

私たちの内臓や血管の働きをコントロールし、体が元気で過ごせるように整えている自律神経

この自律神経が対応できる温度差は7℃までと言われていて、それ以上の温度差になるとコントロールが難しくなります。

自律神経が乱れると寒暖差アレルギーの症状が出やすくなり、寒い日の朝布団から出た後や、食後などに、

  •  鼻水、鼻づまり
  •  くしゃみ・咳
  •  頭痛
  •  じんましん
  •  イライラなどストレス
  •  食欲減退・胃腸の不振 

などの症状が出やすくなります。

風邪の症状と似ていますが、見極めるポイントは高熱が出ないこと。

鼻水がサラサラと透明なものであれば疑ってよいでしょう。

また、環境の変化に慣れ、しばらく時間が経つと症状が治まるのも特徴の一つです。

近年の異常気象もあり、寒暖差アレルギーになる人は増加傾向ですが、その実態を理解していない人が多いのが現状です。

 

生活を見直す対策を

寒暖差アレルギーの原因は自律神経の乱れ。そのため、対策としては生活を見直すことが主となります。

【対策①】体を冷やさないようにする

大きな寒暖差を作り出さないことが最も重要です。

三つの首(手首、足首、首)を温めることで、血液の流れがよくなり体が温まりやすくなります。

マフラー、手袋、ホッカイロ、スリッパ、膝かけなどを活用しましょう。

普段から入浴はシャワーだけという人も、体を温めるためにお風呂に浸かるようにしましょう。

40度程度のお湯に浸かると筋肉もゆるみ、副交感神経が刺激されリラックスできます。

 

【対策②】マスクをする

花粉シーズンには花粉の侵入を防ぐためにマスクを活用しますが、

寒暖差アレルギーでのマスクの使用は、鼻の粘膜を潤し温める狙いがあります。

鼻水など鼻のトラブルが起こりやすいのは、鼻の血管が寒暖差にとても敏感だからなのです。

 

【対策③】こまめな服装管理

昼と夜の冷え込みの違いに加え、今年の冬は毎日の気温変化がとても激しいです。

その時々で気温に合わせた服装をするように心がけましょう。

 

【対策④】運動で抵抗力をあげる

おもに寒暖差アレルギーになりやすいのは成人女性といわれています。

これは、男性に比べると女性の方が筋肉量が少なく、その分体内で熱を作り出す力が弱く、寒暖差を生み出しやすくなるためです。

寒いと動くことが億劫になってしまいがちですが、適度な運動を習慣化させて、筋肉量をふやし抵抗力をあげていきましょう。

 

まとめ

寒暖差アレルギーには根本的な治療を目的とする特効薬がありません。

しかし、その症状が寒暖差アレルギーからなるものと分かれば、改善は難しくはないのです。

ご自身の症状が疑わしいものであるならば、ぜひ症状が酷くなる前に、対策・改善を行いましょう。

 

お身体のことでお困りの際には、お気軽にたすく整骨院までご相談ください。

ご予約の際は、お電話《092-405-8100》か、便利な《24時間ネット予約》をご利用ください。