Happy Valentine Day★

好きな人や、日頃からお世話になっている方に贈るチョコレート。

チョコレートはお菓子というイメージが強いですよね。

しかし、はるかその昔、チョコはカカオをすりつぶした薬として重宝されていました。

チョコレートの効果はとってもすごいんですよ!

 

チョコレートの主な効果

美肌効果

ポリフェノールやフラボノールが美容と健康に効果的です。

 

ストレス緩和 

カカオにはストレスホルモンを減らす作用があります。 

  

 

リラックス効果

チョコの甘い匂いが、集中力を高め、

テオブロミンという成分には、神経を落ち着かせる作用があります。

 

 

免疫力の向上

カカオ・ポリフェノールによる抗酸化作用が、

アレルギーや、病気の予防、老化防止に効果的です。

 

虫歯予防

カカオパウダーには、殺菌作用や歯垢をできにくくする働きがあります。

 

 

 

 

 

チョコレートを食べる時の注意点!

実はすごい効能を持つチョコレート。

しかし、その効果を存分に引き出すためには、注意すべき点もあります。

 

一番に注意すべきは、チョコレートに含まれる砂糖。

いくら美容や健康に良いからと言って、たくさんの量を食べてしまえば

高カロリーになり、逆に身体にとって害になってしまいます。

 

おススメは、カカオ70%以上のチョコレートを1日30~90g

実は高カカオチョコレートは普通のチョコレートより、脂質が高いです。

食べすぎには注意しましょう。

 

幼児や妊婦は特に食べすぎ注意!

チョコに含まれるテオブロミンやカフェインといった成分は、他の飲み物などにもよく含まれる成分です。

本来ならば、リラックス効果のあるこれらも、一日に多量摂取(300ミリグラム以上)してしまうと、中枢神経への悪影響を起こしてしまったり、頻尿などの症状を起こしてしまうことも。

 

 

よいバレンタインデイを★

いくら身体に良いものでも、逆に摂りすぎると害になってしまうことがあります。

チョコレートもその一例。

せっかくのチョコレート、ぜひ体にもおいしくいただきましょう。

皆さまにとって良い一日となりますように(*^^*)