秋の季節は頭痛、倦怠感が現れやすい理由

長い雨の梅雨が終わると、蒸し暑い8月の夏の到来。
夏が終わると、台風の季節の9月に入ります。
9月は大きな低気圧、台風、寒暖の変化により、頭痛や倦怠感を訴える方が多いように思います。

なぜ、9月は頭痛、倦怠感を訴える方が多い!?

9月は暦上では「秋」となり、秋といってもまだまだ暑い季節。
9月になると、日本列島を覆っていた太平洋高気圧が弱まり、赤道付近で発生した熱帯低気圧が秋台風と変わりやすく、日本列島に上陸しやすい台風です。
それによって、気圧の浮き沈みが激しくなる9月の日本列島です。
気圧の浮き沈みに適応しにくい方は、自律神経が乱れやすく頭痛、倦怠感を訴えやすいということになります。
いわゆる天気痛によって、体調を崩していることになります。
➡︎天気痛についてはこちら

秋は天気痛だけじゃなく、温度不耐性にも注意が必要

温度不耐性とは、気温の差によって痛みを生じたり、体調を崩すことを言います。
肌の感覚器官は外部の気温を感知して、蒸し暑い、暑い、涼しい、寒いなどを体感し、内部の環境を整えようとします。
しかし、秋は暖かいから寒いの気候に変わる季節のため、暖寒差に適応できずにいると交感神経優位で神経が活発に働き過ぎると血管収縮、血流の流れの低下、痛み物質が増え、神経が刺激を受け、弱点となる箇所に痛みや不調を引き起こしてしまいます。

天気痛の克服には、自律神経機能を安定することがとても大切です。
秋の頭痛、倦怠感でお悩みの方はたすく整骨院のカイロプラクティックの施術を受けてみてはいかがでしょうか?
お気軽にご相談ださい。

関連記事

PAGE TOP