秋の睡眠障害

受付の柴原です。

朝晩の冷え込みで体調を崩されている方が多いようです。
夜はしっかりと眠れていますか?

季節の変わり目になると日中に強い眠気を感じたり、朝がスッキリ起きられないなど、睡眠に変化が現れがちです。

眠気の原因

睡眠障害は厚生労働省が注意喚起するほど、人々を悩ませる国民病です。

秋になると、だんだんと日照時間が短くなり気温差も大きくなることから、自律神経が乱れやすく、体調の面でも精神の面でも変化が起こりやすくなります。

また、気をつけたいのが秋の花粉症。
風邪のような症状が長引いていたり、痒みなどのアレルギー症状がある場合には、ブタクサやイネ、マツなどの花粉が影響して眠気を引き起こしている可能性があります。

質の良い睡眠のために

気温差に注意 


季節の変わり目で一番注意しなければいけないのが気温差です。
この時期は重ね着をして体調管理を行うようにしましょう。

湯舟に浸かる


夜はシャワーだけでなく、39℃程度のぬるめの湯船に浸かるようにしましょう。
副交感神経への刺激を高めて、リラックスでき寝つきも良くなります。

仮眠を避ける


夜眠れないからといって仮眠しすぎたり、休日のまとまった睡眠もあまりよくありません。
長すぎる睡眠はかえって身体を気だるく感じさせたり、頭痛・肌荒れ・うつ症状を引き起こす要因となります。
一日7時間前後の睡眠が理想的です。

適度な運動


スポーツの秋、外に出て運動をしやすい季節です。
太陽の光を浴びて、幸せホルモンであるセロトニンを増やしましょう。
睡眠前に極端に体を動かし過ぎると、興奮状態となって寝つきが悪くなるため気をつけましょう。

良い睡眠のための食事


睡眠の質を高めるために、トリプトファン、GABA、グリシンなどのアミノ酸を多く含む食材を摂り入れましょう。

■トリプトファンを多く含む食材
牛乳、バナナ、チーズ、大豆製品、鶏むね肉、牛肉、ナッツ類、カツオ、マグロ、卵 
■GABAを多く含む食材
カカオ、玄米、トマト、粟・キビ・大麦などの雑穀、ブロッコリースプラウト
■グリシンを多く含む食材

エビ、ホタテ、イカ、カニ、カジキマグロ

環境づくり


寝るときの環境は重要なポイントです。
例えば、
テレビや電気がつけっぱなしになっている。
寝るギリギリまでスマホやパソコンをいじっている。
枕が合っていない。
布団が重い。
窓が近くて朝方になると冷える。
など、入眠や熟睡を妨げているものがあるとするなら、環境づくりを今一度見直してみましょう。

空気が乾燥してくると、感染症などの心配も増えてまいります。
日頃から十分な睡眠をとり、健康的な生活を心がけることが、免疫力向上へとつながります。

たすく整骨院では、神経(自律神経)に対して施術を行うため、体の「痛み」だけでなく、眠れない、寝付けないという「不眠」の悩みにも対応させていただきます。
お困りの際には、どうぞお気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP