受付の柴原です。

気温差が激しいため体調を崩す方が多いようです。

そして、風邪とともに増えているのがアレルギーによる症状です。

夏の疲れから免疫力が低下しやすい時期のため、花粉症や寒暖差といったアレルギー症状が現れやすくなります。

症状

それまで花粉症になったことがなくても、突然その症状に悩まされるようになったり、

体調不良は続くけど風邪か花粉症か分からないなど、症状の見極めが難しいところです。

次のような症状がなかなか改善しない場合には花粉症などアレルギーの可能性が考えられます。

  • 鼻水がサラサラで垂れてくる
  • 鼻づまりがひどい
  • 目のかゆみや痛みがある
  • 肌のかゆみがある
  • 蕁麻疹が出ている
  • くしゃみがよく出る
  • 発熱はない、もしくは微熱程度
  • 晴れた日に症状が強くなる

原因

秋の花粉症の原因となる植物は、ブタクサ、ヨモギ、マツなどがあります。

春に飛散するスギやヒノキに比べると、背丈が低い草が多くなるため、飛散範囲はあまり広くありません。

しかし、道端や公園などの身近な所に存在し、花粉の粒子も小さいため、子供から大人まで時には強いアレルギー症状を引き起こすことがあるので注意が必要です。

対策

対策として、疑わしい症状がある場合は、なるべく原因となる植物に近づかないことが第一の予防となります

睡眠時間をしっかりと確保するなど、無理のない生活リズムで免疫力の向上を心がけましょう。

また、ストレス発散も免疫力向上には大変重要になります。心身ともにストレスを溜めすぎないようにしましょう。

花粉症のお助けアイテムとして、マスク、眼鏡などがありますが、

当院のオススメはワセリンです。

ワセリンを鼻の穴の中や入口付近に綿棒などでたっぷりと塗っておくと、ワセリンがフィルターとなり、花粉の侵入を防いでくれます。

目の周りに薄く塗るのも効果的ですよ。

お身体のことでお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

ご予約の際は、お電話《092-405-8100》か、便利な《24時間ネット予約》をご利用ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 104db815a035cd047934d7fe6f678066.jpg です