受付の柴原です。

花粉症が続き、新年度の準備で身体に疲れを感じてはいませんか。

真面目な性格でストレスを抱えやすい日本人の体は、酸性に傾きがちです。

では、体が酸性になることでどんな問題があるのかを考えてみましょう。

あなたのからだは酸性??

以下のような状況がよく当てはまるという人は、からだが酸性に傾きやすいと言えるかもしれません。

ご自身の体をチェックしてみましょう✓。

▢顔色が悪く、皮膚に張りがない

▢吹き出物やニキビができやすい

▢疲れやすく、すぐに眠くなる

▢情緒不安定でイライラしがち

▢歯茎が出血しやすい

▢あざができやすい

▢胃腸、肝臓、腎臓の機能が低下しがち

▢便秘気味

▢甘いものが好き

▢口臭がある

▢手足が冷たく、下半身に汗をかく

酸性だとなぜいけないのか

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は s_pexels-photo-278312-1024x678.jpeg です

不規則な生活、過度なストレス、運動不足などが重なると、

身体はアルカリ性から酸性へと変化していきます。

酸性体質がつづくと血液がドロドロになりやすく、さまざまな症状を引き起こします。

まず、酸性体質の人は腸内環境が乱れがちです。

腸内環境は免疫力に大きく関係していて、腸内が汚れると免疫力が低下して病気にかかりやすくなります。

シミ・シワなどの老化にもつながり、ガンもできやすくなるともいわれています。

また、糖尿病、肥満や中性脂肪の高い人も体が酸性体質へと傾いている為、傷などの治りが遅く化膿しやすいという特徴があります。

血液がサラサラでベストな体調な時は、体が弱アルカリ性です。

いま一つ本調子ではないという時は、アルカリ性から酸性へと傾いているサインととらえましょう。

どうやったらアルカリ性になる?

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は istockphoto-947252774-612x612.jpg です

食べ物には、アルカリ性食品と酸性食品があります。

アルカリ性食品には、野菜・海藻・果物・大豆製品、

酸性食品には、肉・魚介類・卵・穀物・砂糖などが挙げられます。

アルカリ性が体に良いなら、アルカリ性食品をたくさん食べればいいんだ!

と思うかもしれませんが、決してそうとは限りません。

アルカリ性食品ばかりだと栄養バランスに偏りが生じてしまい、

逆に、酸性食品が中心の食事では、高カロリー・高脂肪となり肥満へとつながります。

大切なのは、アルカリ性食品を必ず摂りいれてバランスの良い食事にすることです。

そして、腸内環境を整える食生活にも意識してみましょう。

例えば……

毎日の食卓に味噌汁を登場させてみましょう。

味噌はアルカリ性食品です。

また発酵食品でもあるため、腸内環境の乱れを改善してくれます。

具材にアルカリ性食品である野菜やきのこをたっぷりと入れれば、酸性食品との食べ合わせもバッチリです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 39914501_309415346278696_7194749486549191466_n.jpg です

味が酸っぱいものが酸性食品になるとは限りません。

梅干し、レモン、トマトやお酢に含まれるクエン酸は、酸性に傾いた体をアルカリ性へと導いてくれます。

サラダやジュースなどに、ぜひ活用しましょう。

間もなく4月がスタート。

新しい環境を前に、期待と緊張が交差している時ではないでしょうか。

新年度を健やかに迎えられますよう、今一度ご自身の体調を振り返りましょう。

お身体のことでお困りの際は、お気軽にたすく整骨院までご相談ください。

ご予約の際は、お電話《092-405-8100》か、便利な《24時間ネット予約》をご利用ください。