受付の柴原です。

2月3日は節分の日。

節分とは、季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことです。

2月の節分は、新しい年を迎える立春の前日ということもあり昔から重要なものとされていました。

季節の変わり目には鬼があらわれ、病気や災害をもたらすと考えられていたのです。

最近では、インフルエンザが大流行。

立春と言えど、まだまだ寒波もやってくるようです。

豆(魔(ま)滅(め))をまいて悪い鬼を追い払いましょう。

 

また、節分の日に食べる恵方巻。

これには、福を巻き込む、神様のいる方角を向いてお願い事をしながら、口から運が逃げないように黙って食べる、縁を切らないように包丁を入れない、いろんな意味が込められています。

今年の恵方は【南南東】。

南南東の神様を見つめながら、お願い事をしてみましょう。

 

大豆や恵方巻を食べる際の窒息事故が目立つようです。

とくに小さなお子様やご年配の方がいらっしゃるご家庭では注意を心がけ、楽しい節分の日をお過ごしください。