自分に合った履物を探る

受付の柴原です。

毎日履くであろう〈靴〉について。

サイズの合わないハイヒールで小股に歩く人。
一日の終わりに、脚の疲労感を強く感じる人。

ご自身のライフスタイル、姿勢の改善のために、自分に合った履物を選ぶということはとても大切な事です。

日本人の歩き方


ヨーロッパ人の歩き方には、

「前足が大きく前に蹴り出す」
「上体が後らかついてくる」

こんな特徴があります。

このような歩行様式においては、踏み出した足がおのずと踵から着地するため、ヨーロッパの靴にはヒールが施されています。


これに対して日本人の歩き方は、

「歩幅が狭い」
「上体が前傾気味」
「爪先で地面を踏みしめ、踵はやや浮かせ気味に歩く」

こんな特徴があります。

これは、日本人特有の和服を着用した時に、ごく自然な様式美を醸し出す歩き方です。

しかし、ヒールの高い靴を履いた場合には、膝が大きく曲がり腰が後に突き出された、いささか滑稽な歩き方になってしまいます。

自分に合った履物選び

女性ならば一度は憧れるハイヒール。

現代では男女問わず、目をひくお洒落な靴がたくさんあります。

しかしながら、そんな現代でも伝統的な日本人特有の歩行様式は基本的に逸脱していないと言われます。


歩きなれない高いヒールを履き続けること、外反母趾やリウマチなどの症状を患っていまう可能性もあります。

これらの症状を防ぐためにも、ぜひ自分に合った履物を探ってみてください。

【たたずまいの美学】より引用

 

>福岡市南区で整骨院をお探しなら【たすく整骨院】へ

福岡市南区で整骨院をお探しなら【たすく整骨院】へ

一人ひとりに寄り添った施術で、原因を取り除き根本的改善を目的とした施術を提供致します。そして、健康-予防-次のステージを探求を続けていきます。

CTR IMG