車で信号待ちをしていて、ふと横断歩道を歩く女性の姿に目を取られてしまったことがあります。

ハイヒールがカポカポなりながら、小股で歩くその姿に、すごく違和感を感じました。

私自身、昔は高いハイヒールを颯爽と履きこなしていた気ではいましたが、周りの目にどう写っていたかは分かりません。

子育て真っ最中の今ではスニーカーが主流。もう楽で楽で手放せません。

それでもたまにヒールの高い靴を履きますが、その後の足の痛みに悩まされます。

ご自身のライフスタイル、歩き方や姿勢の改善のために、自分に合った履物を選ぶということはとても大切な事ではないでしょうか。

 

日本人の歩き方

ヨーロッパ人の歩き方には「前足が大きく前に蹴り出され」「上体が後らかついてくる」ような特徴があります。

このような歩行様式においては、踏み出した足がおのずと踵から着地するため、ヨーロッパの靴にはヒールが施されているのです。

 

 

これに対して、日本人の歩き方は「歩幅が狭く」「上体を前傾気味」に、「爪先で地面を踏みしめ、踵はやや浮かせ気味に歩く」特徴があります。

これは、日本人特有の和服を着用した時には、ごく自然な様式美を醸し出す歩き方なのですが、ヒールの高い靴を履いた場合には、膝が大きく曲がり、腰が後に突き出された、いささか滑稽な歩き方になってしまいます。

 

 

自分に合った履物選び

女性ならば一度は憧れるハイヒール。

現代では男性も踵に高さのある靴や爪先のとがった靴を履く時代になりました。

しかしながら、そんな現代でも伝統的な日本人特有の歩行様式は基本的に逸脱していないと言われます。

 

容姿ばかりにこだわって、歩きなれない高いヒールを履き続けることで、外反母趾やリウマチなどの症状を患い、この先とてもつらい思いをしなくてはならないかもしれません。

これらの症状を防ぐためにも、ぜひ自分に合った靴選びをオススメしたいと思います。

 

 

【たたずまいの美学】より引用