武蔵野市吉祥寺の商店街の一角に「小ざさ」はあるそうです。

店の広さはたった一坪、店頭に並ぶ商品は、羊羹ともなかの二つだけ。

これだけ聞いただけでも、かなりのこだわりと自信があるのだろうと想像できます。

院長の本棚から手に取って拝読した「一坪の奇跡」という本。

小ざさの二代目店主が78歳で出版された本です。

 

ブックカバーがかかったまま著者の写真も名前も見ておらず、私はてっきり男性の方が書いたものなんだと思って読み進めていました。

途中で女性の方が書いたものなんだと気付くのですが、そのくらいに強くて逞しいカッコイイ女性像がうかがえます。

商品を作り上げるこだわり、生き様、働いている方たちとのつながり、業者様とのつながり、家族、そしてお客様。

なんだか子育てみたいだ…と時には思いながら読み進め、店主さんの大切にしているものが沢山つまった一冊でした。

たった一坪の小さなお店ですが、そこに行列ができる理由が分かる気がします。

現に、私も店主さんのファンになりました。ぜひ一度羊羹を食べてみたいです。

この店主さんの人生を、朝ドラで見てみたいな~(^-^)

興味のある方はぜひ読んでみてください ♪