受付の柴原です。

暑い日々、いかがお過ごしでしょうか。

 

海や川でのバーベキューやビアガーデン。

夏は大人も子供もテンションが上がるようなイベントが目白押し。

しかし、裏を返せば暴飲暴食が多くなる季節。

室内に入れば、ガンガンに冷えた空調。

体調管理が本当に難しいなと思う毎日です。

 

夏の冷え性と予防

腹痛、下痢、便秘、肩こり、腰痛、不眠、むくみ、食欲不振、吐き気

腰痛、肩こりに加えて、最近は腹痛や不眠を訴えていらっしゃる患者さまが多いように思います。

さまざまな原因の中でも、冷房による冷えが考えられる原因の一つといえます。

 

『冷え性』と聞くと寒い冬を思い浮かべませんか?

しかし、現代では『夏の冷え性』なるものがあります。

 

冷えた部屋で過ごし、体を冷やす飲み物や食べ物を食す。

これらが原因となり起こる夏の冷え性の特徴は内臓の冷えです。

冬とは違い、手足は温かいことが多いためなかなか気づきにくいです。

小さなお子様などの場合、急な嘔吐や腹痛、高熱が出たりと『冷え』に気づかず放置しておくと、重症化することがあるので注意しましょう。

 

また、男性よりも筋肉量の少ない女性にも起こりやすい傾向にあります。

普段から適度な運動習慣を身につけましょう。

 

過剰な水分摂取も冷えの元となりかねません。

排出できずに体に残ってしまった余分な水分が体を冷やす原因となります。

水分はこまめに補給するようにしましょう。

熱中症の予防にもなります。

 

食生活の面では、パンや脂分の多い肉など欧米化の影響が冷えを招きやすくなっていると考えられます。

体を温める和食中心の食事を心がけるようにしましょう。

 

暑い夏は、シャワーですませたいと思いがちですが、湯船にはしっかりと浸かってリラックスをしてください。

 

セルフチェック

あなたはいくつチェックが入りますか?

 

 □下痢や便秘になりやすい

 □頭痛がある

 □生理痛がつらい

 □下腹部に触ると冷えている

 □下半身太りが気になる

 □むくみやすい

 □首、肩、背中などにコリやハリがある

 □アンモニア臭がする

 □目の下にクマがある

 □肌がくすんでカサカサしている

 

3つ以上のチェックが入れば、夏の冷え性が考えられます。

今後の体調不良を招かないためにも、ぜひ『冷え』の予防・改善を心がけてください。

 

ニュースなどで多く取り上げられる熱中症。

冷房が体を冷やす原因と分かっていても、

ここ近年の暑さの中、「絶対に冷房を使わない!」という方法は、逆に危険と言えます。

風が体に直接あたらない、室温を下げ過ぎないなどの方法を取って、冷え対策を行ってください。