受付の柴原です。

夏休みと言えど、毎日お子様のお弁当を作っていらっしゃるお母さま方、

通勤前にお弁当を作っていらっしゃる社会人の皆さま、いつもお疲れ様ですm(__)m

私もお弁当を作る機会は多いのですが、梅雨時期や夏場のお弁当は傷みやすいのでなかなか気を使います。

食材を傷みにくくするひと工夫や、時短メニューをご紹介していますので、

「コレいいな!」がありましたら、ぜひ活用してみてください。

 

揚げ物や炒め物にはカレー粉を使う

カレー粉には食材を傷みにくくする効果があります。

ワサビ入り卵焼き

ちょっぴり大人味の卵焼き。ワサビは抗菌性が高いのです。

冷凍サンドイッチ

私、よく作ります。冷凍しておくと楽だし、パサパサもしないのでお勧めですよ。

キュウリやレタスやトマトなどの水っぽい野菜は向きません。卵も夏場は避けた方がよいかも。

ジャムや、ハム&チーズ、ツナマヨなんかはお勧めです。

冷凍を活用

焼き魚や、子供のお弁当によく使う枝豆なども、

調理してから冷凍しておくと、そのまま使えて時短になります。

食べるころには解凍されていますよ。

 

 

ご飯にお酢や梅干しを

お酢が苦手な人は、梅をほぐして梅ご飯にしたりすると良いかもしれません。

大葉やゴマを合えてさっぱりと。アマニ油をプラスしても美味しいです。

 

保冷剤や冷凍ゼリーを活用

定番ですね。小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、

冷凍ゼリーはよく活用されるんではないでしょうか。

今はかわいい保冷剤がたくさん安く売っています。

おしゃれに楽しみたい方は活用するのもいいかもしれません。

 

 

主婦コーナーのようになってしまいましたが…(^-^;

暑い夏ですが、レジャーやイベント盛りだくさん!

野外などにお弁当を持ってお出かけの際は、ぜひひと工夫を行っていただくと

安心して召し上がれるかと思います☆