四十肩、五十肩とは

肩の痛みと運動制限をきたす疾患です。40歳~50歳代に多く起こるためにその名が付きました。

正式には、「肩関節周囲炎」といいます。

一度なってしまうと、症状が長引くことが多くみられ、しっかり治さないと繰り返し起こすこともあります。

最初は利き手の反対側の肩に出ることが多く、一方が良くなると、また一方の肩にも同じような症状がでてくることは珍しくありません。

四十肩、五十肩になると、自然に治ることもありますが、日常生活に大きな支障をきたします。

・夜中に突然痛くなる。

・ブラのホックが止められない。

・高いところの荷物を取ることができない。

・服を着替えたり、脱いだりすることができなくなる

などの可能性があります。早めの処置がとても大切です。

四十肩、五十肩の原因

肩関節は骨、軟骨、靭帯や腱などの柔軟性が失われ、肩関節の周囲に炎症が起きることが主な原因と考えられます。肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります。

四十肩、五十肩は、必ずしも肩の使い過ぎだけが原因ではなく、デスクワークの方にもよくみられます。

四十肩、五十肩に似ている症状

四十肩、五十肩に似た症状が出る疾患があります。

上腕二頭筋腱炎、腱板断裂、石灰性沈着性肩板炎

圧痛の部位や動きの状態、検査を行い、どこに問題があるのかを見ていきます。

たすく整骨院がお役に立てること

早期に改善していただくため、どの筋肉、どの部位に炎症、痛みがあるか、肩関節内に問題がないかを検査を行い、施術を行います。また、自宅でできるセルフケアをお伝えして、一緒になってこの肩の痛みを良くしていきます。

四十肩、五十肩にお困りの方、一度たすく整骨院にご相談ください。