疲労回復や気分転換をする方法の一つに「香り」があります。

アロマテラピーやルームスプレーなどで香りを楽しむと、疲労を軽減させてくれたり、沈んだ気持ちを明るくしてくれたりと、気分をリフレッシュすることができます。

 

アロマオイルの種類や効能

アロマオイルにはたくさんの種類があり、その効能も少しづつ違ってきます。

自分の症状に合う香りや、好みの香りを選ぶことでリフレッシュ効果に期待できます。

ラベンダー

・深いリラックスをしたいとき

・安眠したいとき

・頭痛、筋肉痛、胃痛、月経痛 、スキンケアに

 

オレンジスイート

・気分を明るくしたいとき

・ぐっすり眠りたいとき

・下痢、便秘、食欲不振に

 

カモミール

・ストレスがたまっているとき

・胃痛、腹痛、月経痛に

・肌の痒み、炎症に

 

ジャスミン

・不安や不満の解消に

・自信がないとき

・マタニティブルー

・乾燥肌に

シダーウッド

・無気力で散漫なときの集中力アップに

・のどの痛みに

・ダイエットに

・脂性肌、吹き出物の改善に

ローズマリー

・集中力や記憶力アップに

・呼吸器系の不調に

・リウマチ、冷え性

・吹き出物、フケ、抜け毛の予防

 

「緑青の香り」

ラベンダーやカモミールなどの香りが苦手な人にとっては、いくら香りを嗅いだところで疲労が軽減されることはありません。

現在、疲労の軽減を化学的に確かめられている香りがひとつだけあります。

それが「緑青の香り」

これは、植物が発する緑葉成分であり、芝を刈ったり、緑茶の缶を開けたりしたときに漂ってくる香りです。

緑青の香りは、芳香剤や精油としても販売されていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

【すべての疲労は脳が原因】より引用