テニス肘とは

テニスをはじめたばかりの方やテニス愛好家の中年の40代~50代の女性のみられ、肘の外側から前腕にかけて痛みが出る疾患です。安静にしていると痛みがでることはありませんが、動かしたり、テニスをすることで激痛が走ります。

テニス肘の原因

テニスのバックバンドストロークを繰り返し行うことで起き、ボールがラケットに当たった衝撃が肘の外側にある「短橈側手根伸筋」に微小な損傷を繰り返し、それがきっかけで肘の外側に痛みが生じます。

しかし、最近ではテニスをしていない人でも、テニス肘になります。それは、キーボードやマウスを使う指の位置が手首より上に位置することで、手の甲を常に引き上げて、それが長時間繰り返されることが起きます。また、主婦の方では手荷物を持つ際に、手首で持ち上げたりすることでも肘に微小ながらもストレスが加わることで起きます。

テニス肘の症状

・腫れている。

・手首を動かすと痛み。

・手を握ると肘に痛みが出る。

たすく整骨院がお役に立てること

患部を集中的に施術すると共に、筋膜を調整し、テーピングやストレッチで予防していただきながら、楽しいテニス、楽しい日常生活を提供いたします。