受付の柴原です。

毎日寒い日が続きますね。

「寒い季節になると、肩がこる、肩の痛みが増す」というお声をよく耳にします。

そんなお悩みをお持ちの方に、寒さが引き起こす肩こりの対処法をご紹介したいと思います。

 

どうして肩こりがひどくなるのか?

【理由その1】 寒さによる筋肉の収縮。

気温が低くなると、血流が悪くなります。

血流が悪くなると、代謝も悪くなり筋肉が収縮して固くなってしまうのです。

 

【理由その2】姿勢がとても重要。

寒さに耐えられず、背中を丸くすぼめて歩いていませんか?

背中の上部には首、肩、脇とつながる僧帽筋という筋肉があります。

猫背などによってこの筋肉にに負担がかかってしまうと、首や肩が緊張状態となって痛みがあらわれてしまいます。

 

【理由その3】冬場の服装。

寒さをしのぐために、たくさん着込んだり、重いコートを羽織ったりして肩こりがひどくなった経験はありませんか?

これは衣類の重さで筋肉を緊張させてしまっているため。

また逆に、極端に首周りの開いた服装だと、寒さを感じやすくなってしまい肩こりへとつながってしまいます。

 

肩こりにならない対処法

★姿勢に要注意★

悪い姿勢は筋肉にも影響を与えますが、内臓にも影響を与えてしまいます。猫背によって内臓に負担を与えると、内臓の冷えにもつながってしまいます。

寒いからと言って背中が丸くならないように注意してください。

 

★締め付けない下着や重くない服を選ぶ★

初めは暖かく感じますが、結果、代謝が悪くなり体を冷やしてしまします。

服は保温性があり軽い素材のものを選びましょう。

 

 

★厚着よりカイロを活用する★

背中の上部、首下あたりは血液が集まる場所。

また、おへその下辺りにもカイロを貼ると、

体全体が暖かくなるので効果的です。

 

 

★適度な運動を心掛ける★

筋肉を固くしないためには、やはり適度な運動が必要です。

だからと言って、無理にたくさんの運動量は必要ありません。

負担にならない程度のウォーキングや、お風呂上りや寝る前のストレッチだけでも効果的です。

 

 

★古くからの健康法!完封摩擦★

完封摩擦とは、乾いた布をつかって皮膚を擦り体温を上げる健康法の一つです。

よく、保育園や幼稚園でも小さな園児たちが完封摩擦を行っているのを見かけることがあります。

肩こりの対策として行う場合は、朝起きて服の上からタオルで肩や首周りを擦るだけで大丈夫です。

だんだんと身体もポカポカしてくるはずですよ 。

 

 

実践できるものから!!

この数日はとても寒くて、気づけばついつい下を向いて背中を丸めて歩いていました。

肩こりは放っておいても決して良くはなりません。

寒さによる肩こりや痛みは、ご紹介してきたように原因も対処法もはっきりしているものが多いです。

ぜひ、ご自身の出来ることから実践してみてください。

寒さに負けず頑張りましょう!!