連休が明けて、寒暖の差もあるせいか、何となく身体がしんどい…、朝起きるのがつらい…。

そんな症状が出ている方はいませんか?

私も学生時代や、新しい仕事を始めたばかりの頃には、よくこんな症状が出ていました。

今思えば、「五月病」と呼ばれるその症状だったのでしょう。

 

この時期よく聞く「五月病」とは?

そもそも「五月病」とは、病名ではありません。

日本では4月が新年度となり、新入学生や新入社員にとっては新しい生活のスタートとなります。

期待や緊張ではりつめていた糸が、新生活から約1か月後の連休によって一気にプツリと切れてしまい、心身共に無気力な状態に陥ってしまう状態を総称として「五月病」と呼びます。

医療機関などでは、「適応障害」と診断されることが多いようです。

 

主な原因として、ストレスが挙げられますが、適度なストレスは、やる気励みになることもあり、全てが悪いものとは限りません。

しかしながら、現代ではストレスの原因も多様化し、またストレスに弱い人も増えているため、誰しもがなりやすい症状といえるようです。

 

どんな人がなりやすい?

では、どんな人がかかりやすいのでしょうか。

ご自身と当てはまるところはありますか?

  • 几帳面
  • 内気
  • 完璧主義
  • 責任感が強い
  • 周りを気にする
  • 理想が高い

 

どんな症状が出るのでしょう?

季節の変わり目で、体調不良になりやすい時期でもあるため、自分の症状が五月病なのか判断しにくいところがあります。

下記のような状態が続いている、また連休明けに明らかに症状がひどくなった場合は、五月病のかかっている可能性が高いでしょう。

 【精神的】

  • 憂鬱、不安感
  • イライラ
  • ネガティブになりやすい
  • 今まで興味があったものに興味がなくなる
  • 無気力
  • 人と会うのが面倒
 【身体的】

  • 動機
  • 頭痛、めまい
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 食欲低下
  • 不眠

 

対策はあるの?

主な対策としては、ズバリ!ストレスを溜めないこと。

ごく当たり前のようなことですが、規則正しい生活を心がけてください。

  • 身体を動かす
  • 栄養のある食事
  • よい睡眠を確保する
  • 好きな本や音楽を聴く
  • 面白い番組を見て笑う
  • 次の休みの予定を立てる

 

私もよく次の予定を立てて、それを楽しみに、気持ちを切り替えるようにしていました。

また、五月病を発症している人に、「頑張って」「しっかり」などのエールの言葉は、かえってストレスになり症状が悪化してしまうことがあります。家族やまわりの人の協力も改善へのポイントとなります。

 

まとめ

五月病は決して病気ではありませんが、発症すると何とも言えないキツさがあります。

自分の症状が分かって、対処法も分かってくれば、気持ちもずいぶん変わってくるのではないかなと思います。

当院でも、身体の不調のメンテナンスを行っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

症状の解決の糸口となれば幸いです。