受付の柴原です。

毎日暑いですね…。と言うか、今年の夏は特に暑いですね…。汗が止まりません(涙)

ついついエアコンに頼ってしまいますが、こんな暑い夏こそクーラー病(冷房病)にご注意ください。

身体の痛みや不調の原因はクーラーだった!!

先日、我が家の長男もクーラー病で体調を崩してしまいました。思えば、私も小さい頃に冷房や冷たいものの食べ過ぎで体調が悪くなった覚えがあります。

クーラー病は、頭痛、腹痛、下痢、便秘、肩こり、腰痛、むくみ、食欲不振、不眠、吐き気、などなど、こんなにもたくさんの症状を引き起こしてしまします。

特に女性や小さなお子様は症状が出やすいので注意が必要です(>_<)

 

簡単にできるクーラー病対策

簡単にできるクーラー病の対策を紹介していきますので、これは使える!と思ったらどんどん真似して対策していってください。

  • 外気温との差を5℃以内にする
  • 冷房の風を直接あびない
  • 軽度の運動をする
  • シャワーだけでなく温かいお風呂につかる
  • 規則正しい生活を送る

先にも述べましたが、今年の夏は本当に暑いです。そして長引きます。冷房を入れずに過ごすなんてきっと無理でしょう。逆に熱中症になってしまします。

クーラーの設定温度を下げ過ぎないように気を付けるなどの対策をとって、健康的に暑い夏を乗り切りましょう。

お身体に痛みや不調がある時は、痛みがひどくなる前にぜひご相談ください。