受付の柴原です。

【お・は・し】とか【お・か・し】とか、覚えていらっしゃるでしょうか。

小さい頃、避難訓練の時に教わった語呂合わせです。

火事や地震などで避難する際には、『おさない・はしらない・しゃべらない』。

そうすることでスムーズに避難することが出来ますよと習った覚えがあります。

 

この【お・は・し】。

普段の生活にも、とても当てはまるものだと思います。

朝の忙しい時間、ついつい急いで車や自転車のスピードを出し過ぎてはいませんか?

青信号がチカチカ赤に変わりそうな時、無理をして走って渡ろうとしてはいませんか?

ついつい話に夢中になって、歩道に横並びで通せんぼはしていませんか?

 

なんとも、私にも身に覚えがあります。

でも、身近に起こる事故を見てはハッとして、「改めなければいけないな」と実感するのです。

【お・は・し】

大人になっても続けていきたいものですね。