私たちが普段使っている日本語には、【足】の付くことわざが多く存在します。

足が取られる

足を伸ばす

足を抜く

足が乱れる

足を引っ張る

足を空

足が重たい

足が棒になる

足が付く など

まだ他にもありますが、これだけ【足】が付くことわざがあります。

何かするためには、動く必要があり、動くためには、足が必要です。

足は私たちが動くための“原動力”です。

足がしっかり地に着いていると、体も心も安定した状態でいれます。

しかし、足をケガしてなかなか治らずにいると、足が地に着いていない状態のため、体と心が不安定になります。

何かしょうと思っていても、足が痛いがため行動範囲を狭めてしまいます。

今までできていたことができなくなり、できないことに対する苛立ちやわずらわしさによってストレスが溜まっていきます。

ストレスが溜まると、発散することができないため体と心が不安定になります。

不安定なままにいると性格にも影響し、人間関係も悪くなってきます。

そうなる前に、しっかり足首の捻挫を治して、足を地に着かせましょう。

足首の捻挫でお困りの方、一度たすく整骨院にお気軽にご相談ください。